2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2018年6月20日 (水)

・手ぶれ補正の評価方法

カメラの手ぶれ補正はCIPAで定められています。
CIPAの手ぶれ補正の資料はここで見ることが可能。
リンク

CIPAでは手ぶれ補正の効果の測定方法が厳密に定められています。(静止画のみ)
専用の加振台でブレを与えて、専用のチャートを写してブレ具合を確認します。
専用の加振台を使うので、人間の手のブレの特性と異なっています。

そのため、手ぶれ補正6段の機種でも、実際にシャッター速度で6段分長くしても
ぶれないわけではありません。
ただし、手ぶれ補正効果の一定の指標にはなります。

2
ぶれを表すグラフです。
横軸がシャッター速度、縦軸がブレ量を示しています。
シャッター速度が速くなるほど、ブレが小さくなることが分かります。

ブレ量が撮像素子の1ピクセルの大きさ以下になれば、
写真としてぶれていない状態になる。

手ぶれ補正OnとOffでは以下のようなグラフになります。
3
offよりもonのほうが、グラフが下側にいて、
同じシャッター速度でもブレ量が少なくなります。
このときに、ブレ量がある手ぶれ補正判定レベルのときに
onn/offでシャッター速度でどの程度差があるかが
手ぶれ補正量になります。
この図では2.5段分くらいです。

これらの手ぶれ補正の評価指数ですが、
まだドラフトの段階で、正式ではありません。
また、電子手ぶれ補正や
複数枚撮影し、位置合わせして重ね合わせる場合などは
この評価方法では評価できません。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年6月17日 (日)

秩父夜景と蛍撮影

秩父に蛍と夜景を撮りに行ってきました。
蛍はヒメボタル狙い。
どこで見れるのかネット上でいろいろ探しましたが、
蛍保護のため、細い位置までの情報が載っていません。
自分で探すしかない状態です。
Resize165131
ゲンジボタルはいましたが、ヒメボタルは1匹も見つけられず。
気温が高いこと、湿度が高い事が条件なのですが、
気温が低かったので飛ばなかったのかも。次回リベンジ。
夜景も雲海を期待したのですが、出ず。
美の山公園とミューズパークに行きました。
美の山公園はこんな感じです。
Resize165133
Resize165132_2 
Resize165130
ミューズパークは日の出の方向に夜景が見れますが、
日の出も曇天でだめでした…。
Resize165134
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年6月11日 (月)

・自撮りライトで紫陽花ライトアップ

紫陽花を取るには雨の日のほうが
水滴が花びらに付き、きれいに撮影できます。

ただ、雨の日は自然光が拡散光になってしまうので
水滴のキラキラを表現するのが少し難しい。
Resize165073

キラキラさせる方法として、スロトボを使うなど
人工光源を足してあげる方法があります。
Resize165075

今回はスマホ用の自撮りライトを使ってみました。


値段もお手頃でUSB充電ができる。
これを紫陽花の横や上に当てながらマクロ撮影。

Resize165077

Resize165078

Resize165080

Resize165074

Resize165081

Resize165076

ちなみに、有りと無しで水滴がどのように変化するのかを
比較してみました。

自然光のみ
Resize165082

自撮りライト使用
Resize165083

水滴がイクラみたいになって若干気持ち悪い…。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年6月 9日 (土)

・撮影に便利なアプリ・計算サイトの紹介

写真撮影に便利なサイトを教えてもらったので、
このブログでも共有いたします。
Appは基本的にiOSの物です。

カシオの計算サイト

カメラ関係の計算ができてしまいます。
例:必要なレンズの焦点距離
 花火を全部入れるにはどの程度の広角レンズが必要か等。

1

例:被写界深度の計算

2

Windy.com
天気を見るのに便利。
専用アプリもあります。
以前にこのブログでも紹介しました。

アプリ
サン・サーベイヤー

Resize164632
太陽の昇る方角、沈む方角が直観的にわかります。
有料版(\1200)であれば、ARで実際の風景に合成したり、
月や天の川の表示もできます。

LightTrac(\600)
指定の時刻の太陽の方向、日の出日の入りの方向が直観的にわかるアプリ。
Resize164634

Resize164636
影の長さもわかります。
太陽とスカイツリーのてっぺんが重なる位置とか調べられます。

星と宇宙

Resize164633

指定の時刻の星空がどのようになるのかわかります。
スマホの向きで方向を確認できるので、北極星がどこか等調べられる。

無料です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月31日 (木)

・iPhoneで印象的な写真を撮る

Resize164592

Resize164593

Resize164594

Resize164595

Resize164596


Resize164599
Resize164601
上記すべてiPhoneで撮影。

Resize164602

Resize164604
Resize164605
Resize164607
ここまで、すべてXperiaで撮影。

iPhoneに限らず、最近のスマホは
カメラがものすごい進化してきました。
すでに2-3万円のデジカメよりも良く映ります。
2013年に書いた「スマホじゃダメな理由」の記事は古い。

まず、廉価コンデジよりもよっぽどいい点は
フルマニュアル撮影ができる点です。
オートでもシーンを認識して素晴らしい写真が撮れるようになりましたが
マニュアルで設定ができるのでしっかり使いこなせば、
十分に一眼のような写真も撮れます。

ただ、日本でスマホユーザ比率の非常に高いiPhoneは
純正カメラアプリでは細かい設定ができません。
そこでおすすめのアプリがLight room アプリ

ライトルームとは画像処理ソフトでもっとも有名なPhotoshopを作っている
Adobe社のソフトです。
このアプリで撮影をすればRAW撮影や、
細かいホワイトバランスや彩度、かすみの除去など
一眼以上の細かい設定が可能になります。

アプリを起動したときの画面

Lr_1

カメラ撮影モードの画面
Lr_2

記録形式はサイズが大きくなりますがDNGが圧倒的におすすめです。
DNGはRAWの形式の一つのことで、これで保存しておくと後で細かく調整ができます。

撮影したDNGをひらくとこのようになります。
Lr_3

下側にあるタブからライト、カラー、効果などが選べます。
たいていは、ライトとカラーと効果だけで完結します。

明るさの調整
露光量や、コントラスト、暗部を持ち上げるだけでなく
トーンカーブで直接いじることもできます。

Resize164618

色の調整
ホワイトバランスや彩度を変えられます。
特定の色だけ彩度や明度を変えるなど細かい調整も可能。

Resize164619

効果の調整
明瞭度を下げてふわっとさせたり、
かすみの除去で遠景をくっきりさせたり。

Resize164620

あとはカメラロールなどに保存すればOK

Resize164597

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月26日 (土)

・ハーフNDと使うシーン

片側だけND効果のあるハーフNDは様々なシーンで役に立ちます。

花火大会

Resize164474
ワイドスターマインで活躍。
ここで使用しているハーフNDの種類は
リバースタイプのND1.2 (4段分の減光効果)です。


水面反射被写体

Resize164489

具体的な被写体にもよりますが、ソフトタイプかハードタイプの

ND0.6が減光効果的にちょうどよいです。

・朝焼けや夕焼けの風景
Resize164480
一番良くハーフNDが使われるシーンです。

朝焼けや夕焼けでは空の下のほうが明るく、
空の上のほうが暗いため、リバースタイプのハーフNDがおすすめです。

太陽がまだ出ているときは、明暗差が特に激しい為、
露出係数が4段のND1.2 (ND16)のものが良い。
Resize164479

太陽が地平線より下にいるときは、
ND0.6(ND4)が割とちょうどよいです。
Resize164478

・輝度差が激しいシーン
Resize164476

このシーンは滝の部分が陰になっており、
遠くの山は雪に覆われていて
輝度差が非常に激しいシーンです。
どうにか両方写そうとしましたが、
ハーフNDなしでは、アンダーに撮影して持ち上げても厳しい。
Resize164475_2

・星と街明かり
Resize164477
山の上から天体と街明かりを撮るとき、
圧倒的に街明かりのほうが明るい状態です。
とはいえ、街が白とびしないようにアンダーに撮影すると
星が写らなくなってしまう。
こういったシーンでもハーフNDが使えます。
光害カットフィルタやソフトフィルタを併用すると効果的です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月22日 (火)

・天空のポピー畑

今年も天空のポピー畑に行ってきました。

Resize164460
まだ十分に知られていないorバスツアーなどが組まれていないのか
あしかがフラワーパークのような混雑はありません。

咲き具合は6分咲きくらい。
5月の最終週に満開になりそうな雰囲気。

天気も良く、写真日和でした。

Resize164459
宙玉を使用。

Resize164455
ND1000+KaniリバースハーフND(0.6)使用

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ケンコー 77mm PRO ND1000 フィルター[77SPROND1000]
価格:6870円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)


長秒にすることによって雲や風に揺れる花に動感表現を出しています。
また、濃度の薄いハーフNDで空を暗くすることで、青の深みを出しています。

Resize164454
夕暮れ時。
ND1000+KaniリバースハーフND(1.2)使用

太陽がまだでているときの夕暮れ時は空と地上の明暗差が非常に激しく、
ハーフNDがないと、空が白飛びするか、
花畑が真っ暗になってしまいます。
夕焼けはきれいに染まりませんでしたが、太陽の暈と幻日が出てくれました。

Resize164456

fisheyeレンズでローアングルからノーファインダーで撮影。

Resize164458

Resize164457

逆光気味で花びらを光が透けてくるようなシーンでは若干アンダーにして
透過感を出すのが個人的に好きです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月18日 (金)

・クアッドピクセルセンサーとは

最近、スマートフォンのような小さいセンサのカメラにもかかわらず
4000万画素等の超高画素のセンサが使われているものがあります。


このセンサーは広くデジカメで用いられているベイヤー配列のセンサーとは
ちょっと違います。
クアッドピクセルセンサーと呼ばれるものです。

現状で用いられているクアッドピクセルセンサーは
センサのカラーフィルタの配列をベイヤーから少し変えています。
デュアルピクセルセンサーは一つの画素を二つに分けているイメージですが
クアッドピクセルセンサは4つの画素を一つの画素として扱うイメージです。

Quad

4つの画素を画素加算して高感度を実現しています。
http://nijikarasu.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-9cb6.html
そのため、例えばスペック上は4000万画素のセンサーでも、
デフォルトで使える画素数は1000万画素だったりします。
4000万画素で撮影もできますが、画素の配列が
ベイヤーではないので、画素補間がうまく行かず、
擬色が出ることが多かったりするようです。

カタログスペック上は数字が大きくなるので
それで使われることが多い模様。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月10日 (木)

カシオがデジカメ事業撤退

デジカメはコンデジだけでずっと頑張っていたカシオが
とうとう事業撤退とのこと。

デジカメ事業撤退した会社ならたくさんあるでしょ?と思うかもしれません。
しかし、カシオの撤退はその他の会社よりも衝撃的です。

いわゆる、デジカメを初めて民生用に発売した会社が
キヤノンでもニコンでもなく、カシオだからです。
QV-10というのが世界初のデジカメです。

Qv10_2
(画像はWikipediaより)

最近は自撮り特化のデジカメを海外展開などしていたのですが
やはりスマホに押されて厳しかったのだろう、、

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2018年5月 9日 (水)

・風景写真を撮るならwindy.comが便利

星空撮影で便利なサイトとして
以前にGPVを紹介しました。
精度が高く、雲の状態が分かるためです。

最近Windy.comというサイトを知りました。
スマホの専用アプリもあり、使いやすいです。

風景写真で気になる天気ですが、
雲海を撮りたかったりすると霧の情報も必要になります。
また、富士山を撮る場合は傘雲ができるのかどうかなど。

Resize164442

Windy.comに行くとこのような図になります

Windy_1_2
風向きや風の強さが直観的にわかります(花火撮影で便利)

任意の場所を拡大することも可能。

Windy_2

ここで、右上のアイコン群から雲を選べます。
単に雲だけでなく、上層雲から下層雲まで。
下層雲が広がっている場合、山から見ると雲海になるかも。

Windy_3
黄色い部分が雲がない場所、グレーが雲のある場所を示しています。

また、霧の情報も見れます。
右のアイコン群のその他のレイヤーから選べます。
白い部分が霧がかかる場所

Windy_4

秩父は霧がかかって山から見ると雲海になりやすいが、
朝もやや、低い位置での雲海が出るかどうかもある程度判断可能。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

«・Cokinの角型ソフトフィルターと星撮影