2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2024年7月21日 (日)

・キヤノンのフラグシップミラーレスEOS R1がついに発表

キヤノン・ニコン・ソニーと
一眼レフからミラーレスに本格移行して数年
ついにキャノンからもミラーレスフラグシップ機が発表されました。
個人的に気になった部分をまとめておきます。

・メカシャッター時最高12コマ連写
 一眼レフのEOS1DXの時は16連写でした。
 一眼レフ時のほうがミラーを動かすなどハードルが高いのに。
 電子シャッター時は40コマですが、電子シャッターの歪補正の性能が上がり
 メカシャッターはあんまり必要ないということの割り切りだろう。
 実際他社機ではメカシャッターを搭載していない機種も増えている。
 
 
・AIによる超解像とノイズ除去機能
 AIで400%に拡大する機能がありますが、この機能には実物を見るまでは
 まだ懐疑的です。
 ハイスペックグラボを積んだPC用のソフトすら
 超解像では不自然な画像に場合もあるし処理時間もそれなりにかかります。
 
 レンズ情報や画像処理の詳細がわかっているとはいえ、
 そこまで高精度にできるとも思えません。
 
 理由のひとつ目は、それだけの専用の画像データを果たして集められているのか。
 超解像をやるためには数千万枚などのオーダーで学習データを集めます。
 新規センサーで新規の絵作りの画像をこれだけ集められるのか疑問。
 
 理由の二つ目は、専用のセンサーレンズ画像処理をしている
 iPhoneのデジタルズームですら微妙だからです。
 iPhoneのデジタルズームも超解像を使用してますが、
 特に文字は象形文字のように不自然になることが知られています。
 Img_2406
 
 スポーツ用のカメラだと、選手のユニフォームに印字されたスポンサー名などが
 こういう風に象形文字になってしまうとかなり怒られると思う。
 
 
AFについてはかなり凄そうですが、使ってみないとわからないので
ここでは言及いたしません。

 

2024年6月27日 (木)

・laowa 45mm F0.95を確認


nikonZ8に変えてから、主にマウントアダプターを使用してKマウント単焦点レンズで撮影していました。
しかし、ミラーレス専用設計だと描写力が違うはず。
ずっと、明るい単焦点が欲しいと思っていました。
そこで、購入したのは純正でもAFでもないlaowaのレンズ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LAOWA|ラオワ Argus FF II 35mm F0.95 ニコンZ ARGUS35MMF095-Z [ニコンZ /単焦点レンズ]
価格:152,730円(税込、送料別) (2024/6/27時点)

楽天で購入

 

 


普段の撮影ではズームレンズを使うことが多いので、
星撮影やホタルで使用するためのとにかく明るいレンズが欲しかった。
Z 135mm f/1.8 S PlenaやNoctのf0.95がほんとは欲しいが高すぎて買えない…。

F値ごとの遠景描写
F0.95
Resezed187095

F1.2
Resezed187096

F1.4
Resezed187097

F2.0
Resezed187098

F2.8
Resezed187099

F4
Resezed187100

F5.6
Resezed187101

F8
Resezed187102

中心付近拡大
__dsc7692_all
開放だとさすがに中心部もフレアっぽい。
解像も安定するのはF4.0位から。
開放は明るいけど、像性能考えるとなかなか厳しいところ。

左下拡大
__dsc7692_all2
コマ収差で点光源が広がっています。

天体撮影では周辺部はF2.8くらいまで絞らないと厳しいかもしれない。
明るさにつられて購入したけど、やはり値段相応かも。

次は後ボケの形状確認。

F0.95
Resezed187150

F1.2
Resezed187151

F1.4
Resezed187152

F2.0
Resezed187153

F2.8
Resezed187154

F4
Resezed187155

F5.6
Resezed187156

F2くらいでかなり口径食が減る感じ。
F2.8だとほとんどない。
F1.4だとまだ像高7割くらいで口径食が目立ちます。
また、F4以上に絞ると、ボケの中に年輪模様が出てしまっているので、
F2-F2.8くらいで撮影するのが良さそう。

最後に前ボケの確認。
ホタル撮影時は前ボケが重要になる。

中心部と周辺部に点光源を置いて、
ピント位置を無限遠にして撮影。

F0.95
Resezed187129

F1.2
Resezed187130

F1.4
Resezed187131  

F2.0
Resezed187132_20240627231801

F2.8
Resezed187133

前ボケもF2.0あたりでだいぶ目立たなくなり、
F2.8だとほぼ影響がなくなる。
蛍撮影時は明るさとボケの大きさを確保したいが、F2くらいまで絞ったほうが良さそう。

2024年5月22日 (水)

・IRフィルタとNDフィルタで幻想的な都市の写真

以前の記事で描いたIRカラー写真

単純な赤外線写真にひと工夫、長秒撮影にするとさらに幻想的な写真になります。

Resezed186943

Resezed186945

Resezed186944

撮影方法と画像処理方法を説明します。

撮影に必要な道具
・天体改造カメラ
・IR640フィルタ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANI 天体用フィルター R640 82mm / レンズフィルター 星雲 天体 丸枠
価格:13,640円(税込、送料別) (2024/5/22時点)

楽天で購入

 


・ND10000フィルタ


 

天体改造カメラを持っていない場合は以下の組み合わせでも撮影できます
(ただし、色情報があまり残らないのでカラーにしづらい)
・IR720フィルタ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANI IR720 82mm / 赤外線撮影用フィルター
価格:11,800円(税込、送料別) (2024/5/22時点)

楽天で購入

 


・ND10000フィルタ


 


撮影の構図の中に植物緑と空や水面などの動く部分があるとよいです。
ND10000を用いるので3分-5分ほどの長秒露光になります。
動いているものは全部消える。

画像処理でかなり極端な色変更を行うので
破綻しないようになるべくRAWで撮っておいたほうが良いです。
また、赤外撮影だと白飛びなどしやすいので
ちょっとアンダー気味に撮っておくとよい。

これからの季節、暑くなってくると熱ノイズも気になるので
AI系のノイズ処理もかけておくとよいです。

ノイズ処理をしたrawデータをcameraRAWで開くとこんな感じ。
Resezed186959
波長が640nm以上の赤い光だけ通すフィルターを付けているので、
全体的に赤っぽい写真になります。
白飛びしないように、全体的に露出を抑えておきます。
Resezed186960

色温度は2000K以上下げられないのでこの状態でフォトショップに読み込ませる。
フォトショップで開いたら、CameraRAWフィルターを開きます。
Resezed186961

ここでビルの壁など無彩色っぽいところでホワイトバランスを合わせます。
Resezed186962

すると、空がオレンジ、植物が緑っぽい色になる。
ハイライトを下げてシャドーを持ち上げて、
コントラストが弱い画像を作っておきます。
これはこの後のきつい処理に画が耐えられるようにするため。
明瞭度やテクスチャを付けておくとコントラストが低いながらしっかりとした描写に。
Resezed186963

ここからが本番、カラースワップという処理をします。
オレンジを青系の色に、
緑を黄色系の色に変換する処理。

イメージ→色調補正→チャンネルミキサーで色を変換していきます。
チャンネルミキサーは難しいです。

処理的には赤の出力を下げて、青の出力を上げる感じ。
パラメータを調整しながら自分のイメージに近づけていく。
Resezed186957

どうしても難しかったら、
イメージ→色調補正→色相・彩度
から色相を変化させることでもそれっぽくなったりします。

最後に再度、CameraRAWフィルターで整えます。
赤外撮影だと、思わぬゴーストが発生したり、
色ムラが発生したりするのでマスク処理で調整したりもします。
Resezed186958

完成!

2024年5月13日 (月)

・最近のレンズは歪曲収差がゼロ!

ニコンZ8を購入してから本格的にミラーレス一眼で写真を撮り始めました。
そうすると一眼"レフ"時代には考えられなかったことがたくさん散見されます。
その中の一つが、ミラーレスだと歪曲収差が無い!です。

一眼レフではレンズから通ってきた光をそのまま見るので
歪曲収差に限らず、収差があるとそのまま見えます。
しかしミラーレスでは撮影時の画像にも電子的にレンズ収差補正をかけているので
全く歪みが見えません。

Resezed186910
構図を決める段階で、鉄橋がびしっと真っすぐになっている。


最近は、ミラーレスが初めての本格的カメラ、という人も多いので
もしかしたら歪曲収差自体を見たことがないかもしれません。

ビー玉越しに景色を見ると、周辺に行くほど像が曲がっていて、
まっすぐな線も円弧状に曲がって見えます

Resezed186911

球面レンズならばカメラのレンズでも程度の差はあれ、この歪みが発生します。
一眼レフの時代は光学設計でこの歪みを抑えるためにたくさんのレンズを使ったり
非球面レンズを使ったりしていました。

ミラーレスならば、電子的に補正してもバレません。

そのため、ぱっと見では歪曲収差が全くないようなレンズに見えます。

この歪曲収差補正は最近ではRAWデータにもかけていて
現像時ですら気づけなくなりました。
これでZマウントのレンズに騙された。

CameraRAW(ライトルーム)で開くと、
レンズのプロファイル欄にチェックが入っていない(レンズ補正オフ)
になっていても歪曲がなくしっかりと直線が真っすぐになっています。
Profile

なので、このレンズは光学的にしっかり歪曲を補正してるのかと思っていました。
しかし、マイナーな画像処理ソフトでRAWデータを開くと、、


Resezed186909
鉄橋の一番上の部分、曲がっているのがわかります。
この画像を見て、RAWデータに補正データを入れておいて、
現像時に画面に見えるものはすでに補正された画像だということを理解。
歪曲だけでなく周辺光量落ちも自動的に補正されています。

2024年4月23日 (火)

・激安のレンズ保護フィルターがヤバい

先日、無名のブランドの激安レンズ保護フィルターを購入しました。
82mm径で500円ほどです。
購入した理由はフィルターのガラス面ではなく、
枠の部分だけが欲しかったので、激安のものを選んだのですが
フィルター面が非常にお粗末なものでした。

Resezed186687
白い反射があるのが激安フィルター、
青い反射のがK&Fコンセプトのフィルターです。
K&Fコンセプトも中華性の廉価フィルターなのですが、
まだ、ガラスに何らかのコーティングがされています。

しかし、激安フィルターは何のコーティングもされていないただのガラス板。
パッケージにはUVcutの文字がありましたが嘘です。
これだとフィルター付けるとゴーストが盛大に発生する。
絶対に使ってはいけないレンズ保護フィルター。


とは言えK&Fコンセプトのが適切なコーティングかというとそうでもなく、
この青い光を反射するのはいわゆるブルーライトカット効果なので
画像の色が黄色っぽくなるなどの問題も生じます(デジカメらならオートホワイトバランスで補正される)。
コーティング面で反射した光がセンサに当たることで青色のゴーストも発生します。

フィルター無し
Resezed186692

激安保護フィルター
 Resezed186691

K&Fコンセプト保護フィルター
Resezed186693

ちゃんとした反射防止コートだと、アンバーやグリーンの反射の光が見えます
(そもそも、光の干渉の効果で余分な光をカットするので反射光はあまり見えないはず)
Resezed186688

Resezed186689

とはいえ、どんなに高価な保護フィルターでも
大事な撮影の時には保護フィルターはなるべく外すべきです。

2024年4月18日 (木)

・星の軌跡が途切れる現象を防ぐ画像処理

星の軌跡撮影はインターバル撮影した結果を比較明合成するのが一般的です。

しかし、比較明合成をすると、
インターバル撮影の撮影の隙間で星が途切れることがあります。

Photo_20240418225501

星が破線になっている。

これを防ぐ方法としてネット上では
加算比較明をすることで途切れを防ぐことができるという情報があります。
加算比較明はこんな処理です。

Hiakumei-1

シミュレーション画像で確認してみます。

入力1
1_20240418225601

入力2
2_20240418225601

比較明合成
Test-1
途切れているのがわかります。

加算比較明合成
Test-2
途切れが見えなくなりました。

これを比較明合成すると以下のようになるシーンで使ってみました
Resezed186684

この画像を合成する際に加算比較明を行う
Resezed186683

凄い明るくなってしまいました…。
そう、画像を加算した時点で輝度が二倍になってしまっていました。
ただ、画像の跡切れは無くなっていそうです。
Hikakumei_result_nomal_all

ただこのままじゃ使い物にならないので以下のような処理にしてみました。

Hiakumei-2

この処理をして出てきた結果がこちら
Resezed186682
割とよさげに見えます。

拡大してみると。
左が普通の比較明、右が加算比較明です。
Hikakumei_result_nomal_all2
暗めの星はきれいにつながっていますが、
明るい星は線の内部に明るい点が等間隔に生じてしまっています。
これは加算したときに2つの画像で重なってる部分だけ輝度が上がってしまったためか。

うまくいく部分といかない部分があるので、アルゴリズムを工夫すれば解決出来そうな気もします。
時間があるときに考えてみます。


今回使用した、フォルダ内の画像をすべて順番に平均加算するプログラムを
ここに置いておきます。

ダウンロード - add_befor_hikakumei.py

 

Pythonスクリプトです。
第一引数に入力画像フォルダ、第二引数に出力画像フォルダを指定してください。
このスクリプトで出力された画像を比較明合成すればよいです。

 

2024年4月 6日 (土)

・ラインやパターンを意識して写真を撮る

普段の日常の場所でもいい写真は撮れます。
面白い被写体を見付けるのが大事ですが、
その一つとしてラインやパターンを意識することです。

繰り返しパターンは注意深く観察すると比較的よく見つかります。
Resezed186544
横断歩道もパターンです。

Resezed186546
この椅子も。
Resezed186545

曲線などのラインは建物を観察しすると面白い部分が見つかるかもしれません
Resezed186547

たくさん並んでるものだと繰り返しパターンが面白かったりする
Resezed186539

Resezed186537
ラインは遠近法で見つかる可能性もあります。
Resezed186538
遠くに向かって収束するライン。

Resezed186541
道路だとカーブなどもうまく生かすことができます。


高所からの視点を利用すると、地上からは見えないパターンやラインを見つけることができる場合があります。
展望台や高層ビルの展望デッキなどから広大な景色だけでなく、望遠でパターンやラインを見つけるのも面白いです。

Resezed186540

Resezed186543

Resezed186542

2024年4月 1日 (月)

・最新のAI超解像技術があれば望遠レンズが必要ない

AI(ディープラーニング)の進化がここ数年は目覚ましいですが
生成AIと超解像技術を組み合わせたAI超解像の技術で非常に凄いものが出ました。

HaphazardLab社のTelaZoomAIです。
このソフトでは、光学的に解像できない被写体であっても、
生成AIと元の画像情報(カメラ機種とレンズの種別の情報も必要)を用いることで
復元することができます。

下の図のように、撮像されるイメージは
入力×レンズの伝達関数×撮像素子によるデジタル化
を経て作られます。
レンズの伝達関数は、収差や回折、フレアゴーストなども含みます。
撮像素子によるデジタル化とは、実物が連続した値であるのに対し、
4000万画素など、最大でも画素数より細かく記録することができないことを意味します。

17_20240303132701

それぞれの関数が分かれば、出力に対して逆関数をかけることで元の入力を復元できます。
とはいってもこれまでは、数式の通りに復元はできなかったのですが
AIの力によってこれが可能になりました。

SFドラマなどで、
衛生カメラで撮ったもやっとした犯人の顔がくっきりするような感じが実現しています。

遠くから東京タワーを撮った写真
Resezed186046

中心部の切り出し。
Sr_2

ここにTeleZoomAIをかける
Resezed186047
細かい部分が出てきてシャッキりとします。

さらに中心部分を切り出し。
Sr_4

この画像にさらにTeleZoomAIをかけるとどうなるか。
Sr_5
若干くっきりしました。これくらいが限界か??

試しに展望台の窓の中の一部を超切り出し。
Sr_6

ここにTeleZoomAI!
Sr_7
凄い!展望台の窓枠もしっかり復元してくれている。
こんなに情報残っていたのか。

左下の文字っぽい部分を切り出し
Sr_7_2

果たして読めるようになるのか。
Sr_8
読めます!!

文字の一部を拡大
Sr_9
若干もやってますが、これは行けるでしょう。
Sr_10

完璧!!!

ここまで解像度が出るなら、望遠レンズはおろか広角レンズがあれば十分でしょう。
※ただし、高性能GPUを積んだマシンでも処理時間がものすごくかかります。


※毎年恒例、4/1エイプリルフールネタです。

2024年3月20日 (水)

・光を意識して写真を撮る

ポートレートでは光の向きなどを意識するのはとても大事ですが、
風景でも同様に光を意識することは大事です。
光を意識するだけで、普通に撮ったのとは違う魅力ある写真に変わります。

風景写真を撮るときの光は時間と天気が重要になる。
朝や夕方は強い斜光が入るので、コントラストが強くなります。

Resezed186512
色温度も低くなるので、それを含めて撮影してみるとよい。

Resezed186511
ビルなどに反射する光を意識する。


光の当たり方(角度など)も重要です
Resezed186510
この写真では木漏れ日がスポットライトのように当たっていました。
影ができる向きと背景の青っぽい部分の位置関係を意識して撮っています。


晴れているときは光の向きがわかりやすく
それを考慮することで色々な表現ができます。
そうすると夜や曇りはどうなのとなります。
曇りの時は空全体から光が降り注ぐので
やわらかい光の質になります。
(コントラストがつきにくい)

Resezed186509
花などを撮るときはこの光を活かすことができます。

2024年3月13日 (水)

・星景写真撮る場所の探し方

天の川の濃い部分が夜遅くに見える時期になってきました。
Resezed186324
(star walkというアプリ)
この時期は南東から天の川が昇ってきます。

星景写真では狙いの天体と合わせたい地上風景を決めるのが最初です。
撮影する時期は天候、月齢などを考えて決める。

海岸で撮影する場合は潮位も気を付けないといけない。
天候はwindy、潮位と月齢は「潮汐なび」というアプリを使っています。

あわせたい地上風景は、GoogleMapを使って探します。
かっこいい形の岩や、モニュメントなど。
Meotoiwa

南東の天の川と合わせるときは、
東側が海の海岸線をgoogleマップで辿っていきます。
Onjyuku
∴のマークがついてるところとかをチェックして、
雰囲気をストリートビューや衛星写真で確認します。
Rakuda

良さそうな場所を見つけたら、その場所に行けるのかどうかを確認。
近くに車を止められる場所があるのか、そもそも立ち入りできる場所か。
また、直近で工事してるなどないかどうか(SNSで調べる)

星を撮影するうえで一番の問題は光害なのですが、
こればかりは行ってみないとわかりません。
ある程度の光害は撮影と現像テクニックでカバー。

Resezed186320

Resezed186321

Resezed186322 Resezed186323

 

«・交通量の多い道路脇での星撮影