2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

Pモードからの脱出2

前回の続きです。
前回はPモードで露出補正をするところまで書きました。
今回はAモードです。Avモードともいう。日本語で言うと絞り優先。
絞りは英語で言うとaperture(アパーチャー)です。
なのでAモードと言います。

絞りってそもそも何なの?
→光の入ってくる窓の大きさです。
猫の目だと、夜は光を沢山取り込むために黒い部分が大きくまんまるになります。
昼間だと光の量が多いので眩しくないように細くなります。
それと同じです。

光の入ってくる窓の大きさはF値というもので表されます。
F1.0
F1.4
F2.0
F2.8
F4.0
F5.6
という感じです。
中途半端な数字に感じますが、√2を考えればわかるかと思います。
光の入ってくる量を二倍にするためには、
窓の面積を二倍にすれば良いです。
(窓が円形だとすると)半径は√2倍です。
なので×√2ずつ増えていきます。

============ここまで、眠くなる理論の話=========

実際の写真では何が変わるのか!
→背景のボケの大きさが変わります。
ちなみにボケは英語でもボケ
(Bokeh)です。
Resize047908

Resize047907
上の画像がF2.8で撮影。下がF8。
絞りが開放だと(F値が小さい)と背景のボケが大きくなります。
このシーンでは背景が海であることをもっと明確に分かるようにしたかったので
絞りを絞って背景があんまりボケないようにF8にしました。

また、絞りを極端に絞ると(F22とか)夜景などで点光源の光芒が大きくなります。
光が星のようになる。こんなかんじです。
Resize047909
こういう表現もできるようになります。

最後に。
また眠くなる話ですが。
風景などを撮影する時はそのレンズの開放F値より2段分くらい絞ると良いです。
(F2.8のレンズならF5.6)
そうすると、レンズの球面収差などの諸収差が和らぎ、像が安定します。
1060029_1673675333_132large_2                       絞り開放
1060029_1673675328_62large                         二段絞り
1060029_1673675324_141large                        絞りすぎ

絞り過ぎると窓が小さくなりすぎるので、光の回折現象が起きます。
それによって像が甘くなってしまうので注意が必要です。

次回はSモード





2013隅田川花火大会が雷雨で中止

雨がすごかったですからね。
テレビでは去年の花火の映像を中継するというシュールなことになったそうです。

Resize047905 2013年度、隅田川花火大会のイメージです。

2013年7月23日 (火)

森の香りミスト

今日はものすごい雨が振りましたが、
その後、大きな公園の森の部分がすごい霧がかっていました。
Resize047298

Rewrite 聖地

Rewriteってゲームの背景のモデルになった地で
なんばパークスとか札幌の公園は有名ですが、
六本木ヒルズはほとんど検索で引っかかりません。
パッと見た時に、ここ六本木ヒルズのスカイデッキだ!と気がついたのですが。

1060029_1314332468_141large
1060029_1340738248_223large
屋上から渋谷方面。
1060029_1314332469_181large
1060029_1314332473_61large

2013年7月13日 (土)

Pモードからの脱出1

コンパクトデジタルカメラや携帯カメラでは
写真を撮る際はオートモードです。
一眼や高級コンデジになると、様々な設定が自分でできるので
いろいろな種類の写真が撮れるのが大きなメリットです。
ただ、何をどうしたら良いのかわからない。という方が結構いるのかも。
いつもPモードで撮ってる、他のモードも使いこなしたいという方も。

Resize047282 あるカメラのモードダイアル。

一眼でよくあるモードは以下です。

シーンオート
完全オートモード。シーン判別して最適な色合いなどにしてくれます。
カメラメーカーが考えた「お手本写真」が撮れます。
設定はほとんど変えられないことが多い。

Pモード
プログラムオートモード。
適正露出になるように、プログラム線図に基づいて絞りやシャッター速度などが動く。
プログラム線図とは、明るさに応じて、絞りとシャッター速度とISO感度を決める
表のようなもの。

Aモード
絞り優先オートモード。
自分の設定した絞りに応じて、シャッター速度が自動で変わる。
主にボケ具合などを変えるのに使う。

Sモード。
Tvモードともいう。シャッター速度優先モード。
自分の設定したシャッター速度に応じて、絞りが自動で変わる。
動いているものを止めたりするのに使う。

Mモード
マニュアルモード。絞りとシャッター速度を自分で決める。
当然ながら、自分で決めるので写真が明るすぎたり暗すぎたりすることがある。

最初から色々やるのは難しいので、
Pモードで露出補正をするところから始めるといいと思います。
露出補正は明るさを明るくしたり(オーバー)暗くしたり(アンダー)できます。
これだけでもある程度いろいろな表現が。また失敗写真も減るかと。
露出補正はEvで表されます。
+1Evにすると、カメラに入ってくる光の量が二倍になります。
+2Evなら4倍。+3Evなら8倍。
その分明るくなる。
-1Evなら半分です。

以下はアンダーで撮った例です。
Resize047279 木漏れ日の当たっている部分を目立たせるために
全体を暗くしました。

Resize047281 木をシルエットにするため、空の明るい部分の雲の様子を分かるようにするため
アンダーにしています。

Resize047280 黒猫はアンダー補正しなければ、毛がしらっちゃけて、変な写真になっちゃいます。

続いてオーバー補正の写真。
探したらプラス補正している写真が殆ど無かった…。
マイナス補正はたくさんあるが…。
何故か。
デジカメは暗すぎても、意外と黒つぶれせずに残っています。
なので後でパソコンなどで簡単に処理をすればちゃんとした写真になります。
だけど、明るくて白飛びしてしまった部分は絶対に復活しません。
そのため、白飛びしないように気を使ってるとどうしてもアンダーな写真ばかりに…。

Resize047273 プラス補正はこのようなふんわりした写真を撮りたい時に主に使います。
女子カメてきな。
花、こども、ネコなんかにはプラス補正がいいんじゃないかな。

次回はAモード。

2013年7月 9日 (火)

最近は雷がすごいです。

光るのは一瞬なので、インターバル撮影+比較明合成です。
Resize047271

2013年7月 3日 (水)

七夕

宮古島で星空を撮影しました。
市街地から20分も車を走らせると、真っ暗で
天の川が流れ、とても綺麗な星空でした。
七夕の時期は本州では梅雨明けしていないので、星空が見える可能性は低いのでは。

Resize046705
僕が宮古島で星を撮る時の穴場スポット、西平安名岬です。
3つの風車がポイント。

ベガが織姫、アルタイルが彦星です。
二人は真面目で優秀に働いていましたが
結婚した途端、イチャイチャしだして
えっちな事ばかりして仕事をしなくなったので
神様が怒って、川 (天の川) を作ってあえなくしてしまいました。
7/7だけ特別に会える日です。

2013年7月 2日 (火)

沖縄旅行の豆知識

東京から沖縄旅行に行く時の知っておくといい豆知識。

飛行機
行きはHやKなどの進行方向右側の窓側。
そして前の方か一番後ろの方。
翼に邪魔されずに富士山が見える。
帰りはAの席。
上空から富士山を見ることってあんまりない経験だと思う。

おみやげ
国際通りの土産物屋は高いので買わない方がいい。
空港も同様。
客引きもうざったいし。
おみやげ買うならば牧志公設市場より奥で。
この辺りまで奥に来ると安い。
サーターアンダギーが袋で198円とか、
海ぶどうが3パックで1000円しないとか。
ミミガーチップのミミスターも3個で1000円。他のところだと一個500円。
そして、おまけで何かくれたりもする。

食事
やはり国際通り沿いは高い。
ちょっと遠いが、ぜんざいの富士屋
http://www.zenzainofujiya.com/
普通に沖縄料理もあります。
居酒屋だと「大安丸」って所が美味しいです。

観光

美ら海水族館。
ココはとてもいいと思います。
ここの大水槽脇で売ってるタコライスが美味しい(今もあるのかな。。。)
いろんな店で食べたが一番美味しかったと思います。

慶良間諸島。
泊港から高速船で30分くらい?
日帰りできる。
渡嘉敷島か座間味島がオススメ。
ビーチがとてもきれいです。本島はあんまり…。。
渡嘉敷島のビーチはウミガメが住んでたと思う。
古座間味ビーチは遠浅でサンゴたくさん、魚たくさん。
人も少ないのでホテルのプライベートビーチみたいです。
(湘南が馬鹿らしく感じる)

DFSギャラリア沖縄
あんまり安くないと思います。
ヴィトン、グッチ、シャネルは東京とかと値段が同じです(免税でない)。
その他のは7月初め頃とかセールの時なら安いです。
基本カバンとか財布などの小物だけです。
あと時計とか化粧品とか。

宮古島・石垣島
るるぶとかの雑誌は買わなくていいです。
空港に置いてあるパンフの方が充実してます。
予定立てるのに必要ならネットで十分です。
体験ダイブとかシュノーケルとか申し込みはやることだけ決めて
現地でパンフ見て申しこめばいい。
ファンダイブなら
宮古島:マナファクトリー
石垣島:シージャック
個人的にいつも使っているショップ。
宮古島のレンタカーならばアズーレンタカー。
島は制限速度40kmなので注意。最近は取締厳しいらしいです。

時期
6月終わり-7月の梅雨明け。
台風もあんまりこないし。ちょっと暑いけど。

取り敢えずすぐに思いつくの。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »