2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« スカイツリーと東武線 | トップページ | 巾着田の彼岸花 »

2013年9月29日 (日)

・カメラカタログの主な仕様の見方

新しくカメラを買うときは電気屋さんから
カタログを片っ端から持っていきますよね。
ホームページも見たりしますよね。

メインで見るであろう部分は「製品特長」

こんなすごい機能あるんだー。
こんなにすごい技術ならいい写真撮れそうー

次に見るのが「撮影サンプル」「作例」

すごい!やっぱり一眼は違うなー

そしてあんまり見ないのが「仕様」
細かい文字がずらっと並んでるし、意味不明な言葉だし。
いやいや、ここ一番大事なんですよ。
見るべき重要なポイントを書きますので参考にしてください。

画素数
多ければ画質がいいというのは間違い。
1600万画素くらいがいいです。
2400万とかちょっと…。

ファインダー
ペンタミラーよりペンタプリズムのほうが覗いた時見やすいです。

視野率
覗いたときに見える範囲と実際に写真に写る範囲の違い。
100%に近いほどよいです。

倍率
覗いたときに見える部分が奥の方になっちゃうか。
0.9倍以上がいいです。大きいほどよいです。
(フルサイズは違います)

アイレリーフ・アイポイント
長いほど眼鏡とかかけてても見やすいです。
でもこの基準はメーカによって違うからあんま参考にならないかも。

シャッタースピード
1/8000~が好ましい。明るい所でも撮影できます。
最低でも1/6000~がよいです。

質量
軽いほうがいいんじゃないかな

« スカイツリーと東武線 | トップページ | 巾着田の彼岸花 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/53426688

この記事へのトラックバック一覧です: ・カメラカタログの主な仕様の見方:

« スカイツリーと東武線 | トップページ | 巾着田の彼岸花 »