2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ・マクロレンズの誤解 | トップページ | ・Pモードからの脱出 4 »

2013年10月30日 (水)

・マイクロフォーサーズお勧めレンズ

パナソニックかオリンパスのミラーレスカメラを持っていて
レンズは最初についてきたものしか持っていない方に
是非お勧めのレンズがあります。

オリンパス45mmF1.8

このレンズは値段が安い割に非常によく映ります。
35mm換算にすると90mmなのでちょっと望遠なのですが
開放F値が1.8で明るいので背景もボケます。
マイクロフォーサーズのシンデレラレンズ…。

Resize049330
そして背景のボケにほとんど口径食があまり見られない。

口径食とは、本来なら背景のボケが円になるはずなのに
画像周辺部ではラグビーボール状になってしまうことを言います。

Resize049329
この写真では右側の光のボケが円になっていません。

口径食はレンズの鏡筒によるケラレで発生します。
下の写真のように明るいレンズで斜めから見ると
レンズ鏡筒にけられてレンズを通過する光がラグビーボール状に
なっていることが分かります。

Resize049341

明るいレンズで開放で撮影したりすると
口径食が現れることが多いのですが
このオリンパスのレンズではとても少ないです。

ただしこのレンズは保護フィルターを付けるとゴーストがひどいので
つけない方がいいです。
傷がつくのが気になるのであればフードを使用することをお勧めします。
下記のUNのフードがおすすめ。

« ・マクロレンズの誤解 | トップページ | ・Pモードからの脱出 4 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・マイクロフォーサーズお勧めレンズ:

« ・マクロレンズの誤解 | トップページ | ・Pモードからの脱出 4 »