2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・35mm換算とは 1 | トップページ | ・一眼レフの中身は光の迷路 »

2013年11月 4日 (月)

・35mm換算とは 2

前回

35mm判とはどういう大きさでしょうか。
フィルムカメラの時代、フィルムにもいろいろな大きさがありましたが
一番普及したのがこの35mmフィルムといわれる大きさのフィルムです。
ライカ判とか135フィルムとか言われます。
このサイズが普及しすぎたため、ほとんどのカメラマンは
焦点距離による画角や絞り等の関係をこの35mm判の感覚で覚えています。
そのため、一般的に35mm判の大きさが基準となっています。

この大きさとほぼ同じサイズのセンサーがいわゆる「フルサイズ」です。
APS-Cサイズはそれよりも一回り小さいです。

23
このようにフルサイズのイメージサークルを持つレンズを使うと
APS-Cではレンズの中心部だけを切り出して使うというイメージになります。

像を投影してみるとこのような感じです。
それぞれのセンササイズの比率はできるだけ正確に合わせました。

24

このように写った像をそれぞれのセンサーで撮影した時のイメージです

Full_2
フルサイズ

Apsc
APS-C


M43
マイクロフォーサーズ

センサーサイズが小さければ小さいほど
拡大されて写っていることが分かると思います。
拡大されているということはつまり望遠にしたのと同等です。

APS-Cセンサでは1.5倍拡大されます。
マイクロフォーサーズでは2倍拡大されます。

つまり同じレンズ(同じ焦点距離のレンズ)を使っていても
センササイズによって焦点距離が変わってしまいます。
そこで、基準を統一する為に
35mm換算という言葉が出てくるのです。

例えば50mmのレンズならば
フルサイズなら50mm相当。
APS-Cならば1.5倍なので75mm相当
マイクロフォーサーズなら2倍なので100mm相当です。

コンデジとかだと5.5倍もされてしまいます。
そのため、コンデジのレンズの焦点距離は5mmとかです。
5.5倍すると27.5mm相当の画角になります。

PENTAX Qもコンデジと同じサイズのセンサなので
一眼用の300mmのレンズとかをつけると
1650mm相当と、超望遠レンズになります。
ただし、レンズの中心部分だけを拡大するのと同等なので
レンズの性能が良くないとあまりきれいには写りません。

また、センサのサイズが小さければ小さいほど
イメージサークルも小さくてよいのでレンズが小さく作れます。


以前に実際のレンズの焦点距離が長いほうがボケると書きました。
コンデジは5.5mm。
フルサイズで同じ画角で撮るのに必要なレンズは28mm。
フルサイズの方が焦点距離が長いです。
そのため、フルサイズはボケが表現しやすいといわれます。

« ・35mm換算とは 1 | トップページ | ・一眼レフの中身は光の迷路 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/53826528

この記事へのトラックバック一覧です: ・35mm換算とは 2:

« ・35mm換算とは 1 | トップページ | ・一眼レフの中身は光の迷路 »