2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・光と分光感度 第3回:カメラのセンサの分光感度 | トップページ | ・フィルムとデジタルだとデジタルの方が周辺光量落ちが大きい »

2013年11月28日 (木)

・光と分光感度 第4回:幻覚の色マゼンタ(ピンク)

第1回:光の色
第2回:光の三原色は間違い
第3回:カメラのセンサの分光感度

前回、赤い光と緑の光を混ぜると黄色の光になるという事を書きました。
黄色の単波長光と、赤と緑の混合光は人間には区別がつきません。

1
目の分光感度

では赤と青の光の混合光はどうなるのか?
目の分光感度のグラフを見ると赤と青が重なっている所は
シアン(水色系)の色になっています。
実際に赤と青の光を混ぜるとこうなります。

Magenta

なんとなく当たり前の様な感じがしますが
シアンではなくマゼンタ(ピンク)になります。
なぜシアンにならないのか。
グラフを見るとシアンの波長の470nm付近は
緑の錐体細胞もかなり反応してしまいます。
赤と青の錐体だけが反応する波長がありません。
ただし、赤と青の混合光を人間が見るとマゼンタに見えます。
マゼンタは波長のグラフのスペクトルを見ると
どこにも存在しません。
マゼンタとかピンクの光の波長は存在しないのです。
三原色の錐体を持つ人間が脳内で認識する幻の色です。
赤の錐体を持たない色覚異常の人には認識不可能です。

Resize052974
水深20mで見える色
赤い光は届かないので赤の錐体を持たない人と
同じように見える。

Resize052973
陸上での色

最後にちょっと不思議な図を転載して今回は終わりにします。
中心の点を見続けていると周りの色が消えます。
マゼンタは波長の存在しない色なので脳が混乱します。
899460b8

次回は話を戻してカメラのセンサと色分離の話。

« ・光と分光感度 第3回:カメラのセンサの分光感度 | トップページ | ・フィルムとデジタルだとデジタルの方が周辺光量落ちが大きい »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54084920

この記事へのトラックバック一覧です: ・光と分光感度 第4回:幻覚の色マゼンタ(ピンク):

« ・光と分光感度 第3回:カメラのセンサの分光感度 | トップページ | ・フィルムとデジタルだとデジタルの方が周辺光量落ちが大きい »