2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・失敗写真の原因は何パターンあるかご存知でしょうか・・・? | トップページ | ・スマホじゃダメな理由 第2回:ダイナミックレンジの違い »

2013年12月30日 (月)

・スマホじゃダメな理由 第1回:塗り絵画質とは

最近のコンデジなどで画質の悪さとして言われる言葉が
「塗り絵画質」「絵みたいな写真」
です。

昔であれば画質が悪い=ノイズが多いでした。
これならば直感的にわかるかと思います。
最近は画像処理技術の発達でノイズは減りました。
その代わり、やり過ぎによる画質劣化が顕著です。

「塗り絵画質」と言われても
カメラにあまりこだわっていなかった方は
ピンと来ないと思います。
比較用に塗り絵画質を擬似的に作ってみました。

Resize054876_2

Resize054877

上の写真は片方は比較的素直に作った画像
片方は無理やり塗り絵画質にしたものです。
違いが分かるでしょうか?
一眼レフの2400万画素を元データとして使ったので
これくらい小さくするとあまりわからないかもしれません。
これで十分だなと感じれば、高いカメラを買う必要はないと思います。

次に切り出して等倍表示したものが下です。

3
2

これであれば違いがわかると思います。
左が塗り絵画質です。
木とか岩の細かいディティールが失われて
質感が無くなってしまっています。
まるで絵の具で書いた絵のようです。
これこそが「塗り絵画質」です。

なぜこんな画質にしてしまうのか。
それは最近の技術でノイズ処理が
強くかけることができるようになったからです。

ノイズをガシガシ潰していくと
ノイズと同じような細かい模様や質感も潰れます。
潰しすぎて解像感が無くなりすぎるので、
その後に強力なシャープネスをかけるのが常套手段です。

しかし、一度潰れた細かい模様とか質感は絶対に復活しません。
なぜこんなにもノイズを潰しすぎるのか。
「ノイズが多い」=「低画質」
という認識が以前にとても広まったためです。
ノイズを恐れるあまり過剰にノイズ除去を行っているのです。

また、安いカメラやコンデジではコストの関係で
性能が低いレンズを使わざるを得ないです。
10年位前はデジカメの値段も高かったので
レンズ性能もそれなりに良かったです。
しかし最近は1万円台で売らないとお客さんが買ってくれないので
解像してくれない安レンズを使っています。
1600万画素とか全くの無意味。
それがばれないようにシャープネスをガンガンかけています。

しかし、最近はこの風潮が良くないとメーカもわかってきたため
カメラメーカ中心に解像重視の絵作りに変わってきています。
また、高級コンデジとして良い性能のレンズと
画素数控えめのカメラを発売するようになってきました。
(安コンデジでは利益が取れないというのも有ります)

ただ、一部家電メーカや安コンデジやスマホの画質は
まだ塗り絵画質です。
恐らくそれは
スマホユーザ層やライトユーザは「ノイズが多いのは画質が悪い」という事を
気にしているからだと思います。

« ・失敗写真の原因は何パターンあるかご存知でしょうか・・・? | トップページ | ・スマホじゃダメな理由 第2回:ダイナミックレンジの違い »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54431682

この記事へのトラックバック一覧です: ・スマホじゃダメな理由 第1回:塗り絵画質とは:

« ・失敗写真の原因は何パターンあるかご存知でしょうか・・・? | トップページ | ・スマホじゃダメな理由 第2回:ダイナミックレンジの違い »