2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ・写真の勉強:第3回 写真におけるプロとアマの違い | トップページ | ・フルサイズとAPS-Cの利点欠点 »

2013年12月21日 (土)

・写真の勉強:最終回 3億円とかの超高価写真はなんなの

まず、プリントされた写真の価値について。
日本ではプリント写真の売買は一般的ではないですが
欧米では頻繁に行われています。
主にインテリアとして飾るような写真が人気。

ただし、写真は一点ものではないので(何枚も現像できる)
絵画の様な億単位の金額にはなりにくい性質が有ります。
しかし、最近アンドレアスグルスキーという写真家の写真が数億もしています。
2480_44gursky660x369
出展 www.wired.com

430万ドルなので、4億円以上です。

この写真の何が?という感じを非常に受けます。
グルスキーは従来の写真家としてのカテゴリではなく
「現代美術」のカテゴリで商売しています。

現代美術といえば「伝えたいことが分からない」とか
「このゴミみたいなのが何で高いの?」ということがあります。
分かる人には分かる、みたいな。
これの価値が分かる俺すごいみたいな。

こういう作品は富豪が「最新の芸術」「最新の表現」
といえるものを追いかけているとも考えられます。
新しい表現、過去になかったもの。

つまり言ってしまえば
「この作品の価値が分かるのは私たちだけ」
という優越感に浸りたいだけなのです。

そしてそういう人たちの間での売買の場では
「最新の芸術が分かる」という教養として使われている道具です。
その教養のためにものすごい高価なお金を払っています。

« ・写真の勉強:第3回 写真におけるプロとアマの違い | トップページ | ・フルサイズとAPS-Cの利点欠点 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・写真の勉強:最終回 3億円とかの超高価写真はなんなの:

« ・写真の勉強:第3回 写真におけるプロとアマの違い | トップページ | ・フルサイズとAPS-Cの利点欠点 »