2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・新しいカメラを買う前に | トップページ | ・比較明合成とは »

2014年1月31日 (金)

・色飽和とは

デジタルの写真は0-255の256段階の値で表しています。
モノクロ写真は
0の黒から
255の白までの256段階しかありません。
そのためグラデーション部分などで
濃さが段になって変わってしまうことがあります。
デジタル写真の致命的な欠点です。

カラー写真も
赤256段階 緑256段階 青256段階
の計1677万色です。
これだけあれば十分な気がしますが、
赤、青、緑の強い被写体だと
問題になります。

例えば、バラとかハイビスカスとか
とても赤い花に光があたっている場合。
とても赤くてR=255になります。
これ以上の数値で赤は表現できないため
とても赤い花は赤で塗りつぶしたような
べったりとした画像になることがあります。
これが色飽和です。

_igp8124

また、赤い花の中に光があたって
白飛びしているような個所があったりすると更に問題です。

明るすぎて白飛びしてしまう所(R:G:B=255:255:255)
付近では問題になります。
R=255が変わらずに他の色が0から白飛びの255になる間の
グラデーションはどうなるか。

Photo2

赤い花なのに、黄色になる部分が出てきます。
また、マゼンタ色になることもあります。

_igp0696

_igp0169

空は不自然な水色に。

P1070021

葉っぱも黄色に。

_igp7855

グラデーションの図の中の色も
「色飽和」です。

特に、デジカメの設定で彩度を上げすぎていると
色飽和になりやすいので気をつけなければいけません。
色飽和になると、白飛びと同様に後から救うことができません。
色がうすい分には、後から彩度を上げて対応ができます。
花火、イルミネーションなんかでは色飽和がよくおこります。

赤青緑だけでなく
イエローやマゼンタ、シアンも色飽和しやすい被写体です。

« ・新しいカメラを買う前に | トップページ | ・比較明合成とは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54815779

この記事へのトラックバック一覧です: ・色飽和とは:

« ・新しいカメラを買う前に | トップページ | ・比較明合成とは »