2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・色温度とは:日本人は青い色がすき | トップページ | ・ズームレンズと単焦点の差 »

2014年1月27日 (月)

・色偏差とは

光源の色を表す指標として
色温度のほかに色偏差というものがあります。
色温度は多くの方が気にしていますが
色偏差を気にしているひとは少ない気がします。

色温度は
レッド:ブルー方向の色を表しますが
色偏差は
グリーン:マゼンタ方向の色を表します。

下の図はCIEという国際機関が定めている色度図です。
19
黒の曲線が色温度の遷移を表す線です。
青色付近から赤色付近まで通過していることが分かります。

色偏差は矢印で表している部分です。
色温度の曲線から垂直方向にどれだけ離れているかが
色偏差です。

グリーン方向に色が付いていると
人物の肌などの色再現が変になってしまい
顔色が悪く写ってしまいます。

緑色のライトなど、身近にあるのか?
と思うかもしれませんが
意外にも緑光源があふれています。

Resize055830

公園によくある水銀灯はとても緑です。
また、安もの蛍光灯もかなり緑です。

マゼンタ方向の光源も最近は増えてきました。
代表的なものがLED光源です。
ものにもよりますが、やたらとピンクっぽいものも多いです。

Resize055829

しかし、実際に光を見ると
人間の目にはあまりグリーンだとかマゼンタに
感じないと思います。
言われなければ、白い光だと思っていた
という方も多いです。

それは人間の脳が優秀で、光を「白」として認識する為です。
実際は色が付いていても
脳内オートホワイトバランスのおかげで
白く見えてしまいます。

色温度の単にはケルビンで表しますが
色偏差は⊿uvで表します。
これは黒体放射の色温度曲線から
どれだけずれているかの指標となります。

« ・色温度とは:日本人は青い色がすき | トップページ | ・ズームレンズと単焦点の差 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54767764

この記事へのトラックバック一覧です: ・色偏差とは:

« ・色温度とは:日本人は青い色がすき | トップページ | ・ズームレンズと単焦点の差 »