2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・その写真どうやって撮ったんですか?その10 | トップページ | ・SIGMA dp2 Quattroをさわってきた »

2014年2月14日 (金)

・その写真どうやって撮ったんですか?その11

今回は月の撮影上級者編。

__imgp6473
ぜひクリックして拡大表示してください。

クレーターの凸凹まで
くっきり写っているのが分かると思います。
望遠鏡とか使っていません。
一眼レフの望遠レンズで撮影しています。

使用機材
・三脚
・2ハンドル雲台
・ペンタックスQ
・SIGMA 70-200mmF2.8
・KQマウントアダプター
・フォトショップ

Resize055942

なぜQ(Q10)を使うかというと、
センサが小さいのでレンズの35mm換算が
5.5倍程度になるためです。
なので200mmのレンズでも1100mm相当の
超望遠レンズになります。

マウントアダプタを使うとどのメーカのレンズでも
つけられる所も強みです。
当然ニコンやキヤノンの望遠レンズでもOK。
Q10自体は値段も下がっていてお手頃です。


Qは1/2.3inchのセンサで1200万画素のため
画素ピッチがとても狭く、
使用するレンズの解像性能が求められます。
キットレンズでついてくる望遠ではなく
ニコンであればナノクリスタルコートの物
キヤノンであればLレンズ
ペンタであればスターレンズが望ましいです。

また、画素ピッチが狭いので回折限界がF2.8です。
それよりもF値が大きくなると回折の影響で
像が甘くなってしまいます。
ただ、レンズの収差が少なくなる2段くらいは
絞りたいのでF2.8のレンズであればF5.6位にした方が
細かい所まで良く写ります。
その点でもちょっと高い望遠で明るいレンズが望ましいです。

カメラの設定はISO100でマニュアル露出にします。
絞りは絞りレバーの部分に何かはさんでF5.6相当にします。
(キヤノンレンズは絞りレバーがないので開放で撮るしかありません)
シャッター速度は月の状態にもよりますが1/1000とか1/2000とか
けっこう高速。
白飛び部分がないように。

フォーカスもマニュアル。
ライブビューである程度合わせた後は
撮影→ピント微調整→撮影
の繰り返しでベストのピント位置を探します。
非常にシビア。
∞マークはあてになりません。

記録はRAW
手ぶれ補正OFF
ハイライト補正、シャドー補正もOFF
電子シャッターの併用:許可
タイマー設定12秒。

この設定なら電子シャッターになり
シャッターショックもなく、
カメラ内要因によるぶれはゼロになります。

撮影したRAWデータを現像ソフトに入れます。
使用したのはフォトショップCameraRAW

最初はこんな感じです。
Moon01

ホワイトバランスなんかも適当です。
100%拡大表示にして、明るさやコントラストをいじります。
シャープネスを強力にかけます。
不自然にならない程度にパラメータを微調整。

Moon02

JPEGに現像したあと、更にそこに
シャープネスをかける。

Moon03_2
最後に画像のモードをカラーからモノクロにします。

 

これで完成。

« ・その写真どうやって撮ったんですか?その10 | トップページ | ・SIGMA dp2 Quattroをさわってきた »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54996386

この記事へのトラックバック一覧です: ・その写真どうやって撮ったんですか?その11:

« ・その写真どうやって撮ったんですか?その10 | トップページ | ・SIGMA dp2 Quattroをさわってきた »