2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ・なぜセンササイズが小さいと超望遠になるのか | トップページ | ・スマホで十分という人は »

2014年2月25日 (火)

IRカラー写真(新宿御苑)

改造Qで赤外線写真を撮ってみました。
日本だと赤外線写真というと、
盗撮とか透けるとかそんなことばかり出てきますが
天体とか植物とか自然のものを撮るのが本当の使い方です。

木の葉っぱは赤外線をよく反射するので白くなります。
空は赤外線を含まないので真っ暗になります。
異世界のような写真に。
本来、赤外線の写真はモノクロで撮影されるのですが、
SC62などの近赤外の620nm付近のフィルターを使うと
うまく色を分離して赤外線でもカラー写真になります。

Resize056011
Resize056012
Resize056037
Resize056027
Resize056032

« ・なぜセンササイズが小さいと超望遠になるのか | トップページ | ・スマホで十分という人は »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/55136918

この記事へのトラックバック一覧です: IRカラー写真(新宿御苑):

« ・なぜセンササイズが小さいと超望遠になるのか | トップページ | ・スマホで十分という人は »