2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ・色飽和とは | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その8 »

2014年2月 1日 (土)

・比較明合成とは

このブログの記事の中でも
「比較明合成」という言葉がよく出てきます。
主にその写真どうやって撮ったんですか
の項目で。
KikuchiMagicというソフトを紹介していますが
そもそも比較明合成とは
どんな合成方法なのかをここで説明しようと思います。

Aの画像とBの画像を合成して一枚の画像にすることを考えます。
数値はその部分の値です。

2

比較明との名前の通り、2つの画像を比較します。

3

画像で同じ位置にあたる場所のの画素値を比較します。
コンピュータ上では黒は値が0で白が値255です。
比較 明 なので 値が大きい方を採用します。

合成した結果の図はこんなかんじになります。
曲線が汚いのは作図が下手なだけなので、ごめんなさい。

4

この合成方法を使うと何がいいのかというと
動いているものを写したり消したりできることです。
何十枚も撮影して
黒っぽい被写体が動いていると、そいつは消えます。
他の画像の明るい部分と比較されるので。

明るい被写体は動いた様子が軌跡となって残ります。
星とかの撮影でよく使われます。

もちろん、比較暗合成もあります。

« ・色飽和とは | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その8 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54819984

この記事へのトラックバック一覧です: ・比較明合成とは:

« ・色飽和とは | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その8 »