2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・球面収差とは | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その10 »

2014年2月12日 (水)

・球面収差と縦収差図の見かた

球面収差とは

上記項目で、球面収差によって
レンズの性能が下がることを書きました。
その球面収差がどの程度発生しているかを示すのが
収差図です。

今回は光軸と平行な光だけを考えた
縦収差図について説明します。
光軸に平行な光(レンズに対して垂直)は
画像では画像中央部に写る画質になります。


横軸が光軸との交点座標
縦軸がレンズの瞳像高を表します。

Brog2_2
下の図は球面収差が発生しない理想的なレンズの場合です

18_2

どの像高からでた光も一点に集まっています。
次に、瞳像高が高くなるにつれ手前に結像してしまう場合です。
下の図はレンズの下半分も描き足しました。

19

20
下側の収差図の様な球面収差を持つレンズの場合
被写体の後ろのボケはリングボケになってしまいます。

21

こういうボケになると
2線ボケが目立ったりして、ボケがうるさく、
汚いボケと言われます。

収差図を見るとレンズの性能だけでなく
ボケの味などもおおざっぱに分かるようになります。

« ・球面収差とは | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その10 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54968673

この記事へのトラックバック一覧です: ・球面収差と縦収差図の見かた:

« ・球面収差とは | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その10 »