2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ・コーティングの種類 | トップページ | ・コサイン四乗則とは »

2014年2月 6日 (木)

・フォビオンセンサ

最近、ソニーが垂直分離型のセンサを作ってるとか
うわさが絶えません。

デジタルカメラで色を表現する為には
光の三原色であるR,G,Bの三色の情報を
それぞれ別々に得る必要があります。
通常のセンサではR,G,Bのカラーフィルタを
別々の画素に貼り付けることで三色を得ています。

53

赤の色を得る画素は四画素に一つなので
1600万画素のカメラでは400万画素しかありません。
これはカメラの解像度を落とす原因の一つになります。

垂直分離型は一つの画素でRGBの色を分離します。
そのため、通常のセンサに比べて
画素数が3倍相当の解像度を持ちます。
1600万画素センサでも4800万画素相当です。
また原理的に色モアレが発生しません。

この垂直分離型は光の波の特性を
うまく利用して実現しています。
垂直分離型のさきがけがSIGMAのフォビオンセンサです。

6

赤い光の方が波長が長く
青い光の方が波長が短いです。

センサの光を受光するフォトダイオードは
シリコン製ですが
シリコンの分子に青い波長はすぐにぶつかりますが
赤い波長はなかなかぶつからずに奥までもぐりこみます。

7

このどこまで光が奥まで入り込むかによって
色の分離を行います。

この垂直分離型センサは非常に素晴らしいのですが
現在主流になっていないのは欠点があるためです。

まず色分離が通常のセンサに比べ性能があまり良くありません。
少しの色の差で大きくセンサの出力値が変わるので
扱いが難しいです。
色のダイナミックレンジが広いといえば聞こえがいいですが、
ホワイトバランスを含め、色再現は
とても難しい作業になります。

つぎに、高感度性能です。
現状のフォビオンセンサでは
基本的に最低感度で撮影するのが前提となります。
最近の高感度性能が良いセンサが多いので
それに対してかなり不利になります。

また最新のMerrilセンサは電気をたくさん食います。
DP1merrillを買ったら電池二個入ってた!
太っ腹、と思ったらすぐに電池がからになります。

こういった欠点を改善すれば
垂直分離型センサによってセンサ性能が
劇的に進化すると思われます。

« ・コーティングの種類 | トップページ | ・コサイン四乗則とは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/54887777

この記事へのトラックバック一覧です: ・フォビオンセンサ:

« ・コーティングの種類 | トップページ | ・コサイン四乗則とは »