2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ・非点収差とは | トップページ | ・お手軽超望遠撮影のレンズジレンマ »

2014年2月21日 (金)

・Qを天体撮影用にIRカットフィルタ赤外改造

ペンタックスQはセンサが小さい小さいと
さんざん言われていますが、
この小ささを活かして超望遠撮影ができます。
値段もボディだけなら安いし。
なので、QのIRカットフィルタ外しの改造をしました。

赤い星雲の光の波長Hα線は
センサの前にあるIRカットフィルタによって
さえぎられてしまいます。
そこでこのIRカットフィルタを取り外す改造を
天体撮影ではよく行われます。
Resize055998

注)改造は完全自己責任です。
 メーカーの保証を受けられなくなるばかりか
 無限遠にピントが合わなくなることもあります。
 ゴーストが盛大に出るようにもなります。
 分解改造するときにストロボコンデンサーに触れて
 感電死しても私は知りません。

改造前
Resize055995
改造後
Resize055993

ちなみにQはIRカットフィルタをわざわざはずさなくても
Hα線の656nmの波長はよく通すので(85%位)改造しなくてもいいです。

以下は私がPENTAX Qを赤外線改造した方法です。

・用意するもの
PENTAX Q か Q10

ガラスカッター

精密ピンセット

センサクリーナー

HCL クリーナーセット(ケース付)

HCL クリーナーセット(ケース付)
価格:1,680円(税込、送料別)

エアダスター

植毛紙

・やり方
写真を撮り忘れたので文章だけで説明します。

1
ガラスカッターでがりがりIRCFに傷をつけていきます。
けっこう力入れてOKです。
がりがり。
傷だらけになって悲惨なことになりますが
ここまで来たからにはやります。

2
そのうちパキっとIRカットフィルタが割れます。
ガラスカッターでその下のセンサを傷つけないように注意。
フィルタがSRユニットに張り付いているので
ピンセットでつまんで引きずりだします。
センサのカバーガラスまでは2mm位は空間があるので
ピンセットを入れる隙間があります。
力任せに引きずりだしますが、
センサのカバーガラスは傷つけないように注意。
IRカットフィルタに
ダストリムーバルのための回路が接続されていますが
ちぎります。

3
IRカットフィルタをきれいに全部外したら
センサ面の掃除をします。
IRカットフィルタを割った時に
細かいガラスの粉などがセンサ表面のカバーガラスに付着しています。
このままだと、撮影時に少しでも絞ると見えてしまいます。
エアダスターで吹き飛ばしてください。
そのあとレンズをつけてF8などで白い壁とかを撮影し、
ゴミが写り込まないかを確認します。

4
ゴミが写り込む場合はセンサクリーニングキットで
センサ表面の汚れを取ります。
傷つけないようにやさしくやります。
詳しくはクリーニングキットの説明書を読んでください。

5
各種動作を確認する。
ダストリムーバルは使えなくなるのでメニューでOFFにします。
使用するレンズで、フレアやゴーストが盛大に発生しないか確認します。
明るい所に向けて撮影してチェック。
もし発生するなら6番の対策を

6
ガラスカッターでがりがりやった時に
SRユニットの部分が傷ついている可能性があります。

Resize055997
傷が付いているとそこにあたった光が乱反射して
フレアやゴーストの原因になります。
内面反射防止のための植毛紙を張ればある程度解決できます。

Resize055993_2
貼りました。
これである程度は軽減されましたが完全ではありません。
センサのカバーガラス表面で反射する光があるためです。
これはどうしようもないので、
強い光源に向ける撮影をしないようにするしかありません。
(天体用なら強い光源基本ないし)

以上で改造完了です。
改造すると
Qマウントレンズでは遠い所でピント合わせられなくなる、
色がめちゃくちゃになる
フレアゴーストが増える
ダストリムーバルが使えなくなる
メーカ保証外になる
これらを承知の上で行ってください。

最後に改造カメラで撮影した画像を何枚か載せます。
フォトショップとかで後処理していません。

Resize055991

Resize055994

Resize055996

Resize055990

« ・非点収差とは | トップページ | ・お手軽超望遠撮影のレンズジレンマ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/55086438

この記事へのトラックバック一覧です: ・Qを天体撮影用にIRカットフィルタ赤外改造:

« ・非点収差とは | トップページ | ・お手軽超望遠撮影のレンズジレンマ »