2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・マゼンタ浮きの発生原理 | トップページ | ・階調とダイナミックレンジは違う意味です »

2014年3月 2日 (日)

・その写真どうやって撮ったんですか?その13

今回は動いた部分だけカラフルになる写真です。

Resize056092
Resize056095
Resize056093
今回の写真は簡単にパソコンで画像処理をしています。
ただ、撮影時に工夫をしなければこのような写真は撮れません。

まず撮影時に、モノクロモードにします。
(カラー画像を後でモノクロにしてもよい)
カメラを三脚にセットし、動かないように
三回シャッターを切ります。
三回のシャッターの間隔は広いほうがいいです。
(10秒-1分くらい)

Resize056090
Resize056091
Resize056094
撮影した画像をPhotoshopで開きます。
3枚の画像をレイヤーとして一つの画像に配置します。

Color1
上の図では背景、レイヤー1、レイヤー2に
それぞれの写真を配置しています。

次にレイヤー2を選択します。
2_2
チャンネルタブに移り、レッドを選択します。
3

※チャンネルタブに「グレー」しかない場合は
イメージ→モード→RGBカラー
を選択します。

選択した後、Ctrl+Aで全画面選択状態にして
Deleteボタンを押します。
するとレッドチャンネルが真っ黒になります。
※黒にならない場合は背景色を黒にしてください。

4

グリーンも同じように黒にします。
するとブルーチャンネルだけの青い画像になります。

同じように、レイヤー1と背景にも行って
それぞれグリーン、レッドの画像にします。
5

さいごに、レイヤー2とレイヤー1の合成方法を
「比較明合成」か「スクリーン」にします。
6

これで完成。
この写真だと、ビルの窓で途中から明かりがついたところだけ
カラフルになっています。

Dsc_2

« ・マゼンタ浮きの発生原理 | トップページ | ・階調とダイナミックレンジは違う意味です »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/55207027

この記事へのトラックバック一覧です: ・その写真どうやって撮ったんですか?その13:

« ・マゼンタ浮きの発生原理 | トップページ | ・階調とダイナミックレンジは違う意味です »