2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・サジタルコマフレアとは | トップページ | ・色収差 »

2014年3月15日 (土)

・大きいレンズ≠望遠レンズ

巨大なレンズを一眼レフにつけていると
「どれだけ遠くを撮るの?」
とびっくりされますが、ちがうんです。
望遠度合い(焦点距離)とレンズの外観の大きさは
必ずしも比例しないんです。

Resize056203
左:70-200mm F2.8
右:55-300mm F4-5.8

右の方が望遠です。

左の大きい方のレンズで撮った写真
Resize056201

右の小さい方のレンズで撮った写真
Resize056200_2

しかもお値段は
左:10万円

右:2.5万円

左はでかくて重くて高い。
でもそんなに望遠じゃない。
何のための存在?
という気がするかもしれません。
重要なのが開放F値です。

左のレンズは開放F値が2.8
右はF5.8。
大体2段ちょっと違います。
数値が小さければ小さいほど
シャッター速度が早められるのでブレません。
また、感度も上げなくていいのでノイズが少ない。

昼間の外での撮影ではあまり気になりませんが
室内競技や、結婚式など
ちょっとでも暗い所ではこの明るいレンズだと
とても綺麗に写ります。

この為だけに写真をやっている人は
高いお金を払ってレンズを買うという…。

« ・サジタルコマフレアとは | トップページ | ・色収差 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/55377824

この記事へのトラックバック一覧です: ・大きいレンズ≠望遠レンズ:

« ・サジタルコマフレアとは | トップページ | ・色収差 »