2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 目黒川桜まつり | トップページ | ・位相差AFのしくみ »

2014年4月 5日 (土)

・ファインダーからの逆入射光

一眼レフには
ファインダーからの逆入射光という現象があります。
気にしたことあるでしょうか。

最近、富士フイルムのX-T1とか
ソニーのα7で端子蓋を開けて
そこにLEDライト当てたり、
マウント部に強い光をあてると
光漏れが起こる、とわめいている人がいます。

そんな意地悪動作しなくても
一眼レフでは起こりうることです。
それがファインダー逆入射光です。

Camera

この部分から光が入ります。
通常使用の際は、目でのぞいているので
目にふさがれて
光はほとんど入ってきません。

しかし、ライブビュー撮影とか
レリーズを使った撮影の時には
ここから光が入ります。

フィルム時代から良くカメラを使っている方は
もろに影響してしまうので
アイピースシャッターとか、
ファインダーキャップとか使うことがあります。

とはいえ、入射光はごく微量なので
相当厳しい条件でなければ分かりません。

Imgp0753
30秒 ISO6400 で撮影

Imgp0755

30秒 ISO6400 で撮影(ファインダーにライトで光を当てた)

昼間に、ND400とかつけて長秒とかやると
影響が有るかもしれません。
実際に発生した例

« 目黒川桜まつり | トップページ | ・位相差AFのしくみ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/55645982

この記事へのトラックバック一覧です: ・ファインダーからの逆入射光:

« 目黒川桜まつり | トップページ | ・位相差AFのしくみ »