2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・像面位相差AFのしくみ | トップページ | ・リアコン(テレコン)の仕組み »

2014年4月 9日 (水)

・一眼レフは家電メーカには作れない

最近はミラーレス一眼に新規参入するメーカーが増えましたが
一眼レフ市場に参入するメーカーはありません。
むしろ、オリンパスとかソニーとか撤退しています。

これは一眼レフ市場をニコンとキヤノンが
寡占している状況もあるのですが、
新規参入が無いのは、一眼レフを作る技術を捨てると
もう作れないからです。

一眼レフの組み立てには非常に高精度な
技術がいります。
新規参入しようと思っても、
開発はできても、組み立てて量産ができません。
そのため、サムスンやパナソニックはミラーレスで
何とかしようとしています。
(ソニーはミノルタから一眼レフ事業を受け継ぎました)

下の図が一眼レフの断面図です。

Kouro

この図で
赤の線がセンサに入る時の光路
青の線がファインダーでのぞく時の光路
緑の線がAFユニットに行く光路です。

それぞれの光路長が
高い精度で正確に出ていなければ
カメラとして成り立ちません。
これがとても難しいのです。

一方、ミラーレスは
センサーに入る光路(赤い線)
だけです。
なので組み立てや調整も簡単。

メーカーが公表していたミラーレス機の分解モデルです。

Resize056543
基盤がいくつも層になっていることが分かります。
つまり、平面を重ねていっただけなので組み立てが容易です。
(もちろん開発は大変だろうけど)

日本ではこれからはミラーレスの時代と言われていますが
一眼レフを作る会社がなくなると
一眼レフという存在が失われてしまいます。

« ・像面位相差AFのしくみ | トップページ | ・リアコン(テレコン)の仕組み »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/55712098

この記事へのトラックバック一覧です: ・一眼レフは家電メーカには作れない:

« ・像面位相差AFのしくみ | トップページ | ・リアコン(テレコン)の仕組み »