2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・コサイン誤差とは | トップページ | ・レンズに書いてある数字の意味2 »

2014年5月14日 (水)

・レンズに書いてある数字の意味

レンズにはいろいろな数字や記号が書いてあります。
初心者だと

18?

300?

1:3.5?

となりますが、この数字を理解していると
自分に合ったレンズが見つけやすいと思います。

まず、一般的なレンズの画像を示します。
Resize113875
一番大事な数字が、上の画像だと
18-50mmのところです。
これがレンズの焦点距離です。

一眼のレンズは、ズーム○倍という表記はしません。
焦点距離○mmで表します。
この数字が大きいほど望遠になります。
恐らく最初に買ってついてくるレンズは
18-55mmとかだとおもいます。
これは一番ワイドで18mmの広角、
一番望遠で55mmになることを示しています。

ズーム○倍?と言われたら2.5倍くらいです。

18mmでどれくらい広く写せるのか?
50mmでどれだけ望遠で写せるのか?
などは自分で使ってみて感覚で覚えるのが良いです。

また、35mm換算という数字で覚えておくのも大事です。
一般のカメラならば1.5倍します。
18mm→27mm
50mm→75mm

オリンパスとパナソニックの場合は2倍です。
12mm→24mm
45mm→90mm

フルサイズカメラならばそのままの数字です。

こうすることで、異なるカメラ間でも
感覚を統一することが可能です。

次に
1:2.8
という表記です。
Resize113875_2

ズームレンズだと
1:3.5-4.5
と書かれていたりすることも有ります。
ここの右側表記されている2.8などが開放F値です。
この数字が小さいレンズのほうが背景をぼかしやすかったり
暗いところでブレにくかったりします。
基本的に小さい数字のレンズのほうが高価です。
3.5-4.5と書かれているのは、
ズームによってF値が変わるレンズです。
広角ではF3.5でズームするとF4.5になります。


最後に Φ72
という表記。
Resize113877
レンズキャップの裏にも書いてあります。
Resize113871

これはフィルター径を表します。
レンズ保護フィルタや、新しいレンズキャップを買うときには
この数字と同じ物を買えば確実に合います。
72だと72mmの物です。
規格が決まっているので社外品でも問題ありません。

« ・コサイン誤差とは | トップページ | ・レンズに書いてある数字の意味2 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/56166584

この記事へのトラックバック一覧です: ・レンズに書いてある数字の意味:

« ・コサイン誤差とは | トップページ | ・レンズに書いてある数字の意味2 »