2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・PLフィルタで反射をコントロールする | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その16 »

2014年5月 7日 (水)

・測光方式

カメラの機能の中で
初心者がよくわからなくて変更していない項目で
測光方式というのがあります。

Imgp9150
こんなようなマークで表されることが多い。

評価測光(分割測光)
中央重点測光
スポット測光

の三種類があります。
撮影にどのような影響があるのか
写真で説明します。

下の三つのパターンの写真を
測光方式を変えて撮ってみます。

分割測光(通常はこれ)

Resize113715 Resize113719 Resize113722

中央重点測光

Resize113716 Resize113718Resize113721

スポット測光
Resize113717 Resize113714 Resize113720


測光方式によって
露出が大きく変わっていることが分かります。
カメラは明るさを自動的に決めてくれますが(AE機能)
その時に、画面のどの部分を見て決めるかが
測光方式です。

分割測光は画像全体を見て決めます。
ここには各社いろいろなアルゴリズムを入れていて
夜景で明るくなりすぎないように、とか
人物が暗くなりすぎないようにとか考えて反映させています。
上記シーンでは白黒グレーの位置が入れ替わっても
場面は変わらないので明るさは一定でばたつきません。

中央重点測光は真ん中付近を重視します。
メインの被写体が真ん中にいる事が多いので
メインの被写体が暗くなりすぎたりするのを防ぐことができます。

中央重点測光を使った例
Resize113749

スポット測光は中心の明るさが
ちょうどグレーになるようにします。
そのためちょっとでも構図が変わったりすると
大きく露出に影響します。
下の三枚の写真はどれも、真ん中においたテープが
中間のグレーの明るさになっているのが分かります。

Photo

月を撮るときなど、
周りと被写体の明るさが極端に違う時などに使うことが多いです。

« ・PLフィルタで反射をコントロールする | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その16 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/56020212

この記事へのトラックバック一覧です: ・測光方式:

« ・PLフィルタで反射をコントロールする | トップページ | ・その写真どうやって撮ったんですか?その16 »