2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・色収差を表す図 | トップページ | ・パープルフリンジの原因2 »

2014年5月22日 (木)

・デジカメは気温によってノイズ量が大きく変わる

デジタルカメラのセンサは通電していると熱をもちます。
冬だったり寒い場所であるとその熱が奪われるのですが、
夏場など暑い時だと
熱が逃げにくく、カメラが熱くなります。

センサが熱をもつと、センサ内の電荷の運動が大きくなるので
それがノイズとして現れます。

顕著に表れる撮影は「星の撮影」です。
長秒撮影するのでセンサが熱をもちやすく、
暗い空を写すので、ノイズが目立ちます。

Resize113932
熱ノイズに埋もれてしまった画像
Resize113931
このノイズの事を熱かぶりと言ったりします。
天体撮影を本気で取り組んでいる人の中には
この熱かぶりをなくすために、センサを冷やす
「冷却CCD」という専用の撮像素子を使っていたりします。

« ・色収差を表す図 | トップページ | ・パープルフリンジの原因2 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/56233542

この記事へのトラックバック一覧です: ・デジカメは気温によってノイズ量が大きく変わる:

« ・色収差を表す図 | トップページ | ・パープルフリンジの原因2 »