2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・バックフォーカスとフランジバックの話 | トップページ | ・バーティノフマスクを自作しました »

2014年6月14日 (土)

・レトロフォーカスタイプのレンズ

今回はレンズのタイプの話。
とはいっても、望遠とかマクロとかではなく
設計上のタイプ。

一眼レフカメラではフランジバックが長いため
広角レンズを作るのが難しいという問題がありました。

望遠レンズの時
Tele

広角レンズの時
Wide

焦点距離の短い広角レンズだと
ミラーとレンズが干渉してしまいます。

下の図は古くからある、ガウスタイプという設計の
広角レンズです。
(図の光学的な弧の形状などはテキトウです)
Gaus

ガウスタイプは左右が対象になっているので
収差を打ち消すことができるという利点があります。
しかし、広角レンズの場合、
焦点距離の基準になる主点がレンズ中央付近なので
フランジバックの長い一眼レフでは使えません。

そこで、一眼レフにも使える広角レンズの設計として
よく使われる設計がレトロフォーカスです。
レトロといいますが、古いというわけではありません。
レンズの前群に凹レンズ系を持ってくることで
主点をレンズの後方にずらすことが出来ます。
Retrofocas

この方法ならば、
焦点距離が短くてもバックフォーカスを稼ぐことが出来ます。

« ・バックフォーカスとフランジバックの話 | トップページ | ・バーティノフマスクを自作しました »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/56494391

この記事へのトラックバック一覧です: ・レトロフォーカスタイプのレンズ:

« ・バックフォーカスとフランジバックの話 | トップページ | ・バーティノフマスクを自作しました »