2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・レンズやフィルターに書いてある記号 「MC AC APO」 | トップページ | ・天体撮影用アイテム »

2014年7月 2日 (水)

・マクロレンズにクローズアップレンズをつけても意味がない

クローズアップレンズはお手軽価格でマクロ撮影ができる
便利なアイテムです。
しかし、マクロレンズをもっていて、
そこにクローズアップレンズをつけてもほとんど意味が有りません。
なので、マクロレンズをすでに持っている方は注意が必要です。

クローズアップレンズに像倍率を大きくする力はありません。
最短撮影距離を短くするだけです。
もともと被写体に近づけないレンズにつければ
被写体に近づいて撮影できる分、像倍率が上がります。

ただ、マクロレンズはそもそもが被写体に近づけるレンズなので
そこからさらに近づけるようになる距離は小さいので
像倍率はほとんど変わりません。

そもそも、クローズアップレンズは倍率1倍とか2倍という
計算ではないので分かりずらいです。

下の図は最短撮影距離が80cmの
レンズの場合のピントの合う位置です。
右がクローズアップレンズのNo2をつけた時の
ピントの合う位置です。

Crose_2

No2では50cmより手前でピントが合うようになります。
どこまで近づけるかは元のレンズの最短撮影距離に依存します。
最短撮影距離80cmのレンズだと
100/80 = 1.25
100/( 2 + 1.25) = 30.77
大体30cmまで近寄れるようになります。
近寄れる分、大きく写せます。

下の図は最短撮影距離が10cmのマクロレンズの場合です。
右がクローズアップレンズのNo2をつけた時の
ピントの合う位置です。

Crose_1

100/10 = 10
100/( 2 + 10) = 8.3
大体8cmまで近寄れるようになります。
もともと10cmまで寄れるレンズなので、
8cmまで寄れてもあまり像倍率は変化しません。
つまり元から寄れるレンズには
クローズアップレンズをつける必要がありません。

さらに、
No10のクローズアップレンズをつけるとどうなるだろうか。
100/10 = 10
100/(10+10) = 5
5cmまで寄れるようになります。
No2からNo10に変えても3cmしか最短撮影距離が短くなりません。
つまり、もともと寄れるレンズの場合、
ナンバーが大きいクローズアップレンズをつけても変化が小さいです。

下の図を見ると、ピントの合う範囲が非常に狭いことも分かります。
Crose_3
また、ピントの合う範囲がレンズ内にめり込んでいます。
最短撮影距離はセンサからの距離なので、
計算上はレンズ先端より内側にピントが合うという
わけのわからないことになってしまいます。

0cmマクロの写真。
Resize115127

« ・レンズやフィルターに書いてある記号 「MC AC APO」 | トップページ | ・天体撮影用アイテム »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/56674788

この記事へのトラックバック一覧です: ・マクロレンズにクローズアップレンズをつけても意味がない:

« ・レンズやフィルターに書いてある記号 「MC AC APO」 | トップページ | ・天体撮影用アイテム »