2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・ニコンの新機種D810の明瞭度とは | トップページ | 二子玉川の花火大会 »

2014年8月22日 (金)

・白画素を使った液晶の利点欠点

最近のカメラの背面液晶にもRGBW液晶が使われるようになってきました。
ソニーα6000やニコンD810など。
ソニーが開発したものはWhiteMagicと呼ばれる液晶です。
Rgbw

採用しているカメラでは利点として様々な事が書かれています。
輝度が明るくなり見やすい、
消費電力が少なくなりバッテリーの持ちがよくなる、など。

これまでの液晶は光の三原色の
R=赤 G=緑 B=青 でほとんどの色を表していました。
Rgb
白を表すにはRGB全てをフル発光させればよいです。
しかし、それでは3色全て発光させ、更にそれぞれの色は
カラーフィルタによって光量が減っているので
電力の無駄使いが発生しています。
そこで、W=白画素を使うことで、改善が図れます。

RGB液晶で白を表示させる場合
Rgbw_3

RGBW液晶で白を表示させる場合
Rgbw_2

バックライトの光量を下げても、
同じ白の光を出せます。

また、RGBW全てをフル発光させることで
白色の表示の最大輝度が上がり、屋外でも見やすくなります。
Rgbw_1

下の図はRGB液晶で白を表示した時を擬似的に表しています
White
下の図はRGBW液晶で白を表示した時を擬似的に表しています。
White2

RGBWの方が明るくなっているのが分かるかと思います。

しかし、欠点もあります。
欠点は高彩度な画像を表示するときに目立ちます。

下の図はRGB液晶で黄色を表示した時を擬似的に表しています
Yellow
下の図はRGBW液晶で黄色を表示した時を擬似的に表しています。
Wyellow

RGBW液晶の方が色が薄いです。
これは白画素を使ってしまうため、その分色が薄くなっています。
白画素を使わないようにすると下の図の様になります。
Byellow

明るさが暗くなります。
そのため、同じ彩度で同じ明るさを得るためには
バックライトをもっと強める必要があります。

« ・ニコンの新機種D810の明瞭度とは | トップページ | 二子玉川の花火大会 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57157094

この記事へのトラックバック一覧です: ・白画素を使った液晶の利点欠点:

« ・ニコンの新機種D810の明瞭度とは | トップページ | 二子玉川の花火大会 »