2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・雷の撮り方 | トップページ | ・夜景を撮るときにガラスの映り込みを無くす »

2014年8月27日 (水)

・カメラブレが発生しない電子先幕シャッター

最近何かと話題の電子先幕シャッター。
D810に搭載されたからでしょうか。
すでにソニーなどでは昔から搭載されています。
キヤノンでは静音撮影とかいう名前で搭載されている。

簡単に一眼のシャッターの仕組みを図で示します。

Eshatter_3

フォーカルプレーンシャッターでは先幕と後幕があり、
この二つで露光時間をコントロールしています。
詳しくはこの記事

シャッターショックは先幕が開いた時の衝撃で発生します。
後幕が閉じた時の衝撃は、露光していない状態なので
撮影画像に影響はありません。
つまり、電子先幕を使うと露光中に
カメラ内で物理的に動くパーツが無いので
カメラブレが無くなります。

Eshatter_1

この電子先幕にも欠点があります。
物理幕と電子先幕(センサ上)で物理的に距離が離れているので
先幕の幕速を最適にしなければ、露光むらが出てしまいます。

Eshatter_2

先幕をコントロールするのにはレンズの情報が必要になります。
瞳位置やF値、ビネッティングなど。
レンズ情報が無い場合は、電子先幕と後幕の同期ができないので
ムラが発生します。
特に高速シャッターになるほど誤差の比率が大きくなるため
ムラも大きくなります。

« ・雷の撮り方 | トップページ | ・夜景を撮るときにガラスの映り込みを無くす »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57204044

この記事へのトラックバック一覧です: ・カメラブレが発生しない電子先幕シャッター:

« ・雷の撮り方 | トップページ | ・夜景を撮るときにガラスの映り込みを無くす »