2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・デジタルになってフリンジが目立つようになった? | トップページ | ・猫を撮るならフィッシュアイ »

2014年8月 5日 (火)

・逆光でかっこ良く撮る

今回は逆光での写真の取り方の一例を紹介します。
逆光の撮影の時に一番意識したいのは「光」です。
写真というのは、物を写すのではなく、光を写す道具です。
逆光で人物を撮影すると顔が暗くなりがちです。
しかし、自然やスナップでは影になっても、
それはそれで問題ありません。

逆光撮影時は、影の部分を明るくしようとカメラが自動で判断し
全体的に明るい写真になりがちです。
Resize115676

こうなると空にいい感じの雲があったりしても、
真っ白になってしまいます。

そこで、逆光時はマイナス補正を行い
アンダーで撮るのがお勧めです。

Resize115678
被写体がシルエットになりけっこうカッコイイ感じになります。

その他の逆光写真
Resize115694
Resize115688_2
Resize115697
Resize115690

« ・デジタルになってフリンジが目立つようになった? | トップページ | ・猫を撮るならフィッシュアイ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57000593

この記事へのトラックバック一覧です: ・逆光でかっこ良く撮る:

« ・デジタルになってフリンジが目立つようになった? | トップページ | ・猫を撮るならフィッシュアイ »