2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・F8対応AFとは | トップページ | ・ハートのキャッチライトを入れる »

2014年9月18日 (木)

・1/8000秒や1/6000秒の高速シャッターの意味

一眼カメラの最高シャッター速度は
入門機だと1/4000秒、中級機以上だと1/8000秒が一般的です。
高速シャッターを搭載している機種では

「高速シャッターで動いている被写体もぶれずに撮れる」
という謳い文句があったりします。
実はこれは半分間違いです。

Resize117924
シャッター速度1/500

猫なら大体シャッター速度1/1500もあれば十分に止められます。

噴水の水でも1/4000秒で止められます。
Resize117923

ではそんなにも高速シャッターを使うのはどこなの?
というと、昼間に、明るいレンズで絞りを開いて撮影するシーンです。

Resize117922
ISO100 F1.4 1/8000s

絞りを開くと光がたくさん入ってくるため
高速シャッターでなければ明るく写ってしまいます。
ならば絞ればいいじゃんと思うかもしれませんが
絞ると背景があまりボケません。
高速シャッターで有れば入ってくる光の量を少なくできるので
この問題を解決できます。

更にシャッター速度を速める必要があるようなシーンでは
NDフィルタを使ってそもそもの入ってくる光量を落とせば対応できます

« ・F8対応AFとは | トップページ | ・ハートのキャッチライトを入れる »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57421050

この記事へのトラックバック一覧です: ・1/8000秒や1/6000秒の高速シャッターの意味:

« ・F8対応AFとは | トップページ | ・ハートのキャッチライトを入れる »