2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・コスモスの撮り方 | トップページ | ・彼岸花(曼珠沙華)の撮り方 »

2014年9月23日 (火)

・初心者がマニュアル露出モードを使うと上達が遅い

最近、カメラを始めたばかりの方で
上達のためにMモード(マニュアル露出)を使う人が
身の回りに何人かいますが、これは逆効果だと思います。

写真の基本は露出です。
その露出をコントロールする要素の
絞り、シャッター速度、ISO感度が密に絡んでいますが
いきなり全てをコントロールする必要のあるMモードを使うと
こんがらがります。
それでも使いたいならば、輝度計なども用意してください。

現在のカメラにはAEという文明の利器が備わっているので
それを使わないのは非常にもったいない。
あえてMモードといういばらの道を進む必要はない。

AEはカメラが考えた(カメラメーカーが考えた)その場所での
適正露出で撮影してくれます。
適正露出はカメラメーカーが長年の経験やデータを元に割り出すため
ある意味お手本と言えます。

何事もお手本がなければ上達は難しい。
いきなりMモードを使うのはお手本無しに学習するようなものです。
1Evの差がどの程度なのかの感覚もMモードでは初心者にはわかりづらいです。

もちろんお手本が間違うこともあるので、
その時は「露出補正」で自分に最適な解を見つけます。

オススメは絞り優先モードです。
このモードではお手本の露出を保ちつつ、
ボケをコントロールすることが出来ます。
絞り優先モードでF値を変えるとシャッター速度がどう変化するか、
露出補正をすると、シャッター速度がどう変化するか、
この辺の感覚をつかむのが上達の早道です。

« ・コスモスの撮り方 | トップページ | ・彼岸花(曼珠沙華)の撮り方 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57469740

この記事へのトラックバック一覧です: ・初心者がマニュアル露出モードを使うと上達が遅い:

« ・コスモスの撮り方 | トップページ | ・彼岸花(曼珠沙華)の撮り方 »