2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・ペンタックスの構図微調整機能でシフト効果を得る | トップページ | ・オリンパスのライブコンポジット機能とは »

2014年9月 1日 (月)

・赤富士を撮る

日本人を魅了してやまない山、富士山。
特に美しいのが朝日や夕日に染まる、赤富士。
雪をかぶっている時は紅富士?よくわかりませんがそういうの。

Resize117590

朝の方が雲が少ないので
できれば朝の方がお勧めです。
湖なども朝の方が波が無く、逆さ富士が写りやすいです。
Resize117598

朝日が富士山に当たるのが見えるのは、富士山の東側です。
交通の便と立地がよいのは山中湖です。
湖畔には宿泊施設も多いので、
夜中に出かけて朝まで待つ、という強行策を取らなくても
早起きすればOK。

富士山が赤く染まるのは、日の出の時刻より少し前です。
日の出の30分前には撮影場所でセッティングを終えていると良いです。
富士山は上の方から太陽の光があたっていきます。

Resize117585

5分後
Resize117587

ベストなタイミングはほんとに数分しかありません。
どのような構図で撮るのかあらかじめ
イメージしておいた方がいいと思います。

露出は若干アンダー目がお勧めです。
ホワイトバランスは自分のイメージ通りにその場で仕上げるのが難しいので
RAWで撮影することを強くお勧めします。

WB太陽光
Resize117600

WB
Resize117601

« ・ペンタックスの構図微調整機能でシフト効果を得る | トップページ | ・オリンパスのライブコンポジット機能とは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57249959

この記事へのトラックバック一覧です: ・赤富士を撮る:

« ・ペンタックスの構図微調整機能でシフト効果を得る | トップページ | ・オリンパスのライブコンポジット機能とは »