2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« コボーグ36EDとPENTAX Qで皆既月食 | トップページ | 2014年の皆既月食 »

2014年10月 9日 (木)

・iPhone6のカメラの画質を確認 1

iPhone6を買ったので、カメラ性能を確認してみました。
果たしてコンデジは必要なくなるのか?

iPhone6のカメラのスペックは
800万画素、像面位相差センサ
焦点距離35mm換算29mm
F2.2
です。
像面位相差が採用されたことで動画での
オートフォーカス性能が格段に上がっています。

ただし、カメラの性能は画素数ではありません。
特にスマホにおいては、レンズ性能と画像処理です。
いくらスペックが高いパーツを使用しても
画像処理を専門とするカメラメーカのほうが
写真としてはきれいなはず。

画素数の一番低いiPhoneに合わせて縮小しています。
全て同じ800万画素相当なので、
画素数が多ければ綺麗という間違った考え方は捨ててください。
クリックすると等倍で表示されます。
露出が違うのは許してください。

iphone6
Iphone6

コンデジ
Wg2

高級コンデジ
Mx1

一眼レフ
K3

若木1丁目と書かれている信号の辺りが
わかりやすいと思います。
iPhone6はモヤモヤしていてシャッキリしません。
画像処理とレンズの差がしっかりと分かる部分です。
コンデジでも若干悪いですが、
ノイズを強力に潰して、シャープネスをかけているために
このような画質になっているのだと考えられます。

手前の方の手すりの質感も差が有ります。
iPhone6はノイズザラザラです。
この部分は一眼レフが一番きれいなのが分かります。

ただ、スマホの画面で見るぶんには
それほど違いがわからないかもしれません。
次回は差が顕著に出る夜景で比較してみます。

« コボーグ36EDとPENTAX Qで皆既月食 | トップページ | 2014年の皆既月食 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57627331

この記事へのトラックバック一覧です: ・iPhone6のカメラの画質を確認 1:

« コボーグ36EDとPENTAX Qで皆既月食 | トップページ | 2014年の皆既月食 »