2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・赤ちゃん撮影のお勧め設定(ペンタックス機) | トップページ | ・電磁絞り機構と絞りレバー機構について »

2014年10月28日 (火)

・水の流れの表現のしかた

写真撮影において、シャッター速度の違いが
顕著に表れる被写体が水です。
渓流のせせらぎ、滝、
都市部では噴水など。
こういった被写体で練習するのがお勧めです。

噴水
Resize119250


Resize119249_2


Resize119251

シャッター速度が短いと
水をピタッと止めて撮ることができます。
時間を切り取ったかのような写真です。
条件にもよりますが、1/1000位にするとピタッと止められます。
ピタッととめると少し荒々しい感じになります。
Resize119252

ピタット止めたものを10枚ほど撮って比較明合成するのも面白いです。
Resize119248_2
詳しくはこちら

逆にシャッター速度が長いと、水の流れが表現できて
何となく柔らかい印象になります。
Resize119253

Resize119254_2
シャッター速度が長い方は、手ブレの関係で
1/4秒ぐらいが限界だと思います。
それ以上に長くするには三脚が必要です。

三脚は夜景を撮る時だけではなく、マクロ撮影など
色々なところで活躍するので、持っていたほうが良いアイテムです。

このシャッター速度をどれ位にするかによって
水の流れの表現がガラッと変わるので
同じ被写体でも
いろいろなシャッター速度で撮ってみることをオススメします。

« ・赤ちゃん撮影のお勧め設定(ペンタックス機) | トップページ | ・電磁絞り機構と絞りレバー機構について »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57819726

この記事へのトラックバック一覧です: ・水の流れの表現のしかた:

« ・赤ちゃん撮影のお勧め設定(ペンタックス機) | トップページ | ・電磁絞り機構と絞りレバー機構について »