2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・可変NDはとても便利 | トップページ | ・明瞭度の画像処理を自分でやってみる »

2014年11月 6日 (木)

・インターバル撮影と可変NDで花火を撮る

以前にインターバル撮影で花火を撮る手法を紹介しました。
インターバル撮影中は基本的に絞りを変更したり、
シャッター速度を変更したりできません。
そのため露出は常に一定です。
花火には明るい花火と暗い花火があるので
露出が一定だと問題が生じます。

明るいスターマインが適正露出になるように設定すると
単発花火が暗くなりすぎます。
逆に単発花火に露出を合わせるとスターマインが白飛びします。

単発花火で適正露出
Resize119265

スターマインだと露出オーバーで白飛び
Resize119266

そこで、可変NDフィルタをレンズの前につけるのがお勧め。
可変NDは枠を回すと減光量を調節できるNDフィルタです。

スターマインやラストのフィナーレなどでは明るいので
可変NDで暗くしておくとよいです。
日本製のものが品質が良いですが、高価なので
中華製の安いのも良いと思います。

ただ、安いものだと反射防止のコーティングが無かったり
あっても品質が低いので、フレアーやゴーストが発生しやすいです。

« ・可変NDはとても便利 | トップページ | ・明瞭度の画像処理を自分でやってみる »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/57908997

この記事へのトラックバック一覧です: ・インターバル撮影と可変NDで花火を撮る:

« ・可変NDはとても便利 | トップページ | ・明瞭度の画像処理を自分でやってみる »