2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・紅葉撮影でのちょっとしたコツ | トップページ | ・シャープネス処理 »

2014年11月17日 (月)

・素数と暗号

今回は写真とは全然関係ないことです。
なんとなく気になったことを書き留めていきます。

中学で素数という概念を習います。
1とその数値自身以外の数で割れない数のことです。
2 3 5 7 11 13 …

また、中学では素因数分解と因数分解も習います。
ある数値の素となる数に分解することです。
例えば、24は
2×2×2×3 = 24

10170は
Prime1
2×3×3×5×7 = 10170です。

中学生ぐらいになると、
こんなの習っても大人になったら使わないとか
生活の役に立たない、
とか言い始めると思います。

しかし、日常生活の中でそれを基本とした考え方が
よく使われていることを知ってほしい。
素数は暗号化の基本です。

下の数は、ある数値を暗号化したものです。
ある数値は素因数分解すれば解けます。
ある数値を求めてください。

29390147

素因数分解ができないと思います。
ものすごい時間をかければ解けるかもしれない。
暗号化解除キーは
4507です。

答えは
6521
です。
4507×6521 = 29390147
大きな素数同士の掛け算は、解くのが非常に大変です。
個人情報などを守る暗号化は時間をかければ解けます。
しかし、最新スーパーコンピュータで100年かかるならば
それは解けないと同等です。

« ・紅葉撮影でのちょっとしたコツ | トップページ | ・シャープネス処理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/58017291

この記事へのトラックバック一覧です: ・素数と暗号:

« ・紅葉撮影でのちょっとしたコツ | トップページ | ・シャープネス処理 »