2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・素数と暗号 | トップページ | ・シャープネス、ファインシャープネス、エクストラシャープネス »

2014年11月18日 (火)

・シャープネス処理

シャープネス処理は写真の画像処理の中で
ノイズ処理のように重要な処理です。
シャープにする、と言えばなんとなく
どんな画像になるかイメージできると思います。

よくシャープネス処理で
「線が太くなった」とか言われますが
線が太いとはどういう意味か簡単に説明します。

下の写真の四角に囲った部分に注目します。
20141023_eos

明るい部分と暗い部分のエッジになっています。
シャープネスをかける前
2
横軸を画素、縦軸を明るさ(輝度値)にすると
下の様なグラフになります。
5

シャープネスをかけると境界がはっきりしてきます。
3
6

もっと強くシャープネスをかけたとき
下の図のようになるのが理想的です。
1
7

しかし現実はそう簡単に行きません。
強力にシャープネスをかけると下のようになります。
4
8

エッジ境界に白い淵や黒い淵が生じます。
これをオーバーシュート、アンダーシュートとか言ったりします。
白淵や黒淵が木の枝や、電線などにつくと
デジタルっぽい不自然な強調になってしまいます。
Hikaku
結果として、シャープネスを強めても繊細さに欠ける
線が太い画になってしまいます。

« ・素数と暗号 | トップページ | ・シャープネス、ファインシャープネス、エクストラシャープネス »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/58016983

この記事へのトラックバック一覧です: ・シャープネス処理:

« ・素数と暗号 | トップページ | ・シャープネス、ファインシャープネス、エクストラシャープネス »