2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・仕上がりをイメージしてシャッターを押す | トップページ | ・APS-Cとフルサイズの使い分け »

2014年12月 3日 (水)

・インターバル撮影とは

過去の撮影方法の紹介で
たびたびインターバル撮影について書いてきました。

・花火撮影と花火観賞を同時に楽しむ方法

そもそもインターバル撮影について説明していませんでした。
インターバル撮影は一定間隔ごとに自動的に撮影をし続けてくれる
カメラの設定です。
長時間にわたる定点撮影時に威力を発揮します。

下記の写真は月食時に撮影。
Resize124377

Resize124376

Resize124375

Resize124374

Resize124372

Resize124371

Resize124370

これらの写真を合成することで図鑑にあるような写真が作れます。
背景の写真も明るくして撮影しました
Resize124373

インターバル撮影機能が付いたカメラも最近は増えてきましたが
まだまだ少ないです。
特にEOS kissのようなエントリー機にはついていないことが多い。
オリンパスやニコンのD5300、ペンタックスK-50やQシリーズには付いています。
意外と役に立つ機能です。

« ・仕上がりをイメージしてシャッターを押す | トップページ | ・APS-Cとフルサイズの使い分け »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・インターバル撮影とは:

« ・仕上がりをイメージしてシャッターを押す | トップページ | ・APS-Cとフルサイズの使い分け »