2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・平行平面板は光学的に画質劣化する | トップページ | ・ゼラチンフィルターとは »

2015年1月25日 (日)

・青色LEDはデジカメにとって難しい光源

最近は目黒川の青いトンネルのイルミネーションなど
青色LEDのイルミネーションが増えています。
見た目はとてもきれいですが、
スマホやデジカメで撮るといまいちです。

Resize125037

これはデジカメのセンサの特性が影響しています。
デジカメは色を表現する為に、光の三原色
赤青緑の画素を用いています。
ベイヤの図
53
詳しくはこちら

デジカメでは緑の画素が多く、青と赤の画素は少ない作りになっています。
これは人間の目の特性の、緑色の光(555nm)に反応しやすい
というところからきています。

つまり、2000万画素のカメラであっても
青の画素は500万画素分しかない。

青色LEDの波長は450nmです。
これをセンサーの分光感度と比較してみましょう。
Blue_1
ほとんどが青の画素にしか光が入ってこないことになります。
緑の画素には少しだけ入ります。
赤の画素には入りません。
つまり、青の画素だけで画像を作ることになってしまいます。
(青のモノクローム画像)
しかも、青の画素数は少ないので解像力も低下し、
きれいに表せません。

ちなみに、人間の目で450nmの波長は下の図のようになります。
Blue_2
(参考:Wikipedia)

人間の目の特性だと450nmで赤青緑、それぞれの錐体に反応するので
カメラよりもきれいに見えます。

シグマのフォビオンセンサを採用している
dp2quattroなどではセンサの分光感度が
450nmで青と緑が豊富にあるので、多少きれいかもしれません。

« ・平行平面板は光学的に画質劣化する | トップページ | ・ゼラチンフィルターとは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/58700614

この記事へのトラックバック一覧です: ・青色LEDはデジカメにとって難しい光源:

« ・平行平面板は光学的に画質劣化する | トップページ | ・ゼラチンフィルターとは »