2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・青色LEDはデジカメにとって難しい光源 | トップページ | ・光源によってピント位置がずれる »

2015年1月26日 (月)

・ゼラチンフィルターとは

写真撮影に使われるフィルターは大きく分けて
下の三種類があります

・レンズの前に装着する一般的な円形フィルタ
ハーフNDなど特殊効果をもつ角型フィルタ
・ペラペラなシート状のゼラチンフィルタ

このゼラチンフィルターは
富士フイルムからいろいろな種類が発売されています。
富士フイルムのサイト
有名なものをいくつか紹介します。

NDフィルター

FUJIFILM光量調節用フィルター ND 0.9 7.5×7.5

FUJIFILM光量調節用フィルター ND 0.9 7.5×7.5
価格:2,634円(税込、送料別)

言わずと知れた光量減光フィルターです。
0.1 0.2 …とあります。
0.3で一段分暗くなります。
0.6で二段分。
最高でND4.0まであります。
ケンコーとかのNDフィルターで言うところのND10000です。
日食の撮影などで使えます。
ケンコーなどの角型のフィルタは2万円以上して高かったりしますが
ゼラチンフィルタなら3000円弱で買えてしまいます。

FUJIFILM 光量調節用フィルター ND 4.0 7.5×7.5

FUJIFILM 光量調節用フィルター ND 4.0 7.5×7.5
価格:2,750円(税込、送料別)

ハサミで切って、レンズの後玉の後ろにつければ
小さくて済むので経済的。
コンデジやスマホにも使えます。

・LBフィルター

色温度変換フィルターです。
例えば、昼間でも夕方の様な写真になります。
日陰で青かぶりしたシーンでちゃんと白くしたりできます。
ただ、デジタルではホワイトバランスでいくらでも調整できるので
あまり使わないかも知れません。

青くする(色温度を上げる)LBBフィルターと
赤くする(色温度を下げる)LBAフィルターがあります。
1、2、3、…と番号があり大きいほど色が濃いです。

・CCフィルター

色補正フィルターです。
よく使うであろう色がマゼンタとグリーン。
色偏差の調整に使えます。
やはりデジタルならばホワイトバランスでカバーできるので
あまり使わないです。

・SCフィルター

シャープカットフィルターです。
指定の波長をカットしてしまいます。
例えばSC-39を使うと、390nm以下の波長を通しません(紫外線を通しません)
UVカットフィルタと同じような効果です。
SC-64だと、680nm以下の波長を通しません(ほぼ赤外線しか通さない)
可視光線はほとんど通さず、赤外線を通すので赤外写真が撮れます。

・IRフィルター

赤外線フィルターです。
SCフィルターは74までで
それより上はIRフィルターになります。
IR-92だと920nm以上の波長だけ通します。
もはや肉眼では見えない波長なので
見た目はまっ黒のシートです。

« ・青色LEDはデジカメにとって難しい光源 | トップページ | ・光源によってピント位置がずれる »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/58713696

この記事へのトラックバック一覧です: ・ゼラチンフィルターとは:

« ・青色LEDはデジカメにとって難しい光源 | トップページ | ・光源によってピント位置がずれる »