2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・レンズの正のパワー負のパワーとは | トップページ | ・色収差を光学的に無くす手法 »

2015年2月20日 (金)

・回折光学素子 DOレンズとは

キヤノンの新型400mmF4レンズは
回折光学素子を用いることで
大幅な小型化を実現をしています。

また、ニコンの新しい300mmF4も同様です。

これらのレンズに採用されている
回折光学素子とはどんなものなのか。
回折光学素子は同心円状に、
凄い細かいピッチでケガキを入れた素子です。

高校の物理で回折格子について習いますが、
回折光学素子を使うと、光の干渉によって
回折角が生じます。

Do_2

普通のレンズによる屈折角と
回折光学素子による回折角は
色(波長)による角度が逆になります。

Do_4

そのため、屈折ガラスと回折光学素子を
組み合わせると高精度に色収差が補正できます。

Do_5

しかも、波長による角度の変化は
線形に変化します。
屈折ガラスで実現するには、異常低分散ガラスや
非球面レンズが必要になります。

Do_1

線形に変化する為、レンズの設計が容易になります。
しかし実際には、回折光学素子が単層では性能が出せないため
二層にすることが多いです。

キヤノンの新型EF400mmF4 DO では
光源周りのフレアを無くすために密着二層型を新採用しています。
Do_3
(参考:【公開番号】特開2015-11293(P2015-11293A))

Reseize152580

« ・レンズの正のパワー負のパワーとは | トップページ | ・色収差を光学的に無くす手法 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/59004869

この記事へのトラックバック一覧です: ・回折光学素子 DOレンズとは:

« ・レンズの正のパワー負のパワーとは | トップページ | ・色収差を光学的に無くす手法 »