2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・ペンタックス機で桜をふんわりとる設定 | トップページ | ・Qで撮った写真 »

2015年2月27日 (金)

・写真を撮る上で一番大事なもの(いい写真)

前回→上手な写真


上手な写真といい写真は違います。
上手な写真はテクニック、機材などで撮れますが、
いい写真は「思い」が大切です。

写真を通じて伝えたいメッセージが込められている事。
これがいい写真です。
自分の子供の写真など、一部の人にしか伝わらないメッセージでも
その人にとっては「いい写真」です。
多くの人にメッセージを伝える力を持っている写真が
一般的ないい写真になります。
SNSで沢山シェアされている写真なんかがそうでしょう。

当然ピンボケなどしていたら、
思いが込められていても伝わらないので
いい写真にはなりません。
自分が伝えたい表現ができない場合は、
技術を磨く必要があります。

そう考えると、機材はそれほど重要ではありません。
自分の伝えたい写真が撮れない時に、
初めて新しい機材を導入すればいいんです。
例えばAFが早いカメラとか。

« ・ペンタックス機で桜をふんわりとる設定 | トップページ | ・Qで撮った写真 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/59085728

この記事へのトラックバック一覧です: ・写真を撮る上で一番大事なもの(いい写真):

« ・ペンタックス機で桜をふんわりとる設定 | トップページ | ・Qで撮った写真 »