2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・桜と水銀灯の相性の悪さ | トップページ | ・テレコンバーターで像倍率アップ »

2015年4月 1日 (水)

・キッドレンズを魚眼レンズのようにする裏ワザ

一眼を買ったときについてくるキッドレンズは
コスト削減の為、高いレンズに比べて収差が
大きく出ます。
その中で特に大きいのが歪曲収差です。

しかし、カメラ内でこっそり収差補正をしているので
一見ちゃんと写っているように見えます。
この収差をうまく使うと魚眼レンズのように使えます。

まず、カメラの設定で
「レンズなしレリーズ」の項目をオンや許可にします。
ペンタックス機ではカスタムの
「絞りリングの利用」の項目です。

つぎに、カメラのレンズがカチッとついている状態から
レンズ着脱ボタンを押し、少しだけずらします。
あまりまわしすぎると外れてしまうので
少しで十分です。
するとレンズとカメラの電気接点が外れるため、
カメラ内にレンズの情報が来なくなります。
レンズの収差補正が強制OFFになります。
すると歪曲収差で魚眼レンズ風に。

普通に撮影
Resize125766

裏技で撮影
Resize125765

※今日は4/1です。

« ・桜と水銀灯の相性の悪さ | トップページ | ・テレコンバーターで像倍率アップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ディストーション、びっくりしましたがエープリルフール!
接点ずらしもこの内ですか?

接点ずらしをすると、F値も変えられなくなり、AFもできなくなり
何も良いことが無いです^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・キッドレンズを魚眼レンズのようにする裏ワザ:

« ・桜と水銀灯の相性の悪さ | トップページ | ・テレコンバーターで像倍率アップ »