2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・昭和記念公園のチューリップが見頃です | トップページ | ・トーンカーブのいじり方 »

2015年4月16日 (木)

・複数マウントを持つという事

一眼レフやミラーレスカメラは
レンズが交換できるのが売りです。
しかし、基本的に互換性はなく
メーカが異なるとレンズが付きません。
それぞれのカメラ会社で独自規格を使用しています。

複数の会社のカメラボディを持つ事を
複数マウント持つ、とも言います。
ニコンのカメラにキヤノンのレンズは付きません。
そのため、同じようなレンズをそれぞれ買う必要があります。

私は現在4マウント持っています。
ただし、むやみにマウントを増やしているわけではありません。
思想があります。
センササイズが同じマウントは買わない!

・ペンタックスKマウント→APS-C
メインの一眼レフです。
レンズ交換式カメラでスタンダードなセンササイズです。

・マイクロフォーサーズマウント→フォーサーズ
オリンパスとパナソニックがこのセンササイズです。
ミラーレスですね。
このセンササイズの良い点は、高速シャッターを切るために
レンズを開放側にしても、背景がボケにくい点です。
猫のジャンプとかで、背景もボケすぎずちょうどよい感じになります。
ネコ歩きで有名な岩合光昭さんはオリンパスです。

・ニコン1マウント→1inch
ニコンのミラーレスのマウントです。
カメラの小型化と画質の兼ね合いがちょうどよい
センササイズです。
ダイビング用途として使っています。

・ペンタックスQマウント→1/1.7inch 1/2.3inch
コンデジでメインで使われているセンササイズで
画質はそれほど良くありません。
ただし、その極端なフランジバックの短さや
35mm換算焦点距離が5.5倍で超望遠撮影ができるのがメリットです。
また、ボディサイズが小さい。


個人的には同じセンササイズで複数マウントを持つことは
明確な目的がある、お金に余裕がある
という以外はお勧めしません。

« ・昭和記念公園のチューリップが見頃です | トップページ | ・トーンカーブのいじり方 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

Qは本当に軽いですよね。お散歩のお供には便利です。ただ、取説読まない奴なので、時々変なのが写ります。きちんと読もう……。

コメントありがとうございます。
Qは小さいだけでなく、Cマウントレンズをつけて遊んだり
マニアックな遊び方が色々できるんですよね。
取説は私も基本的に読みません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/59668366

この記事へのトラックバック一覧です: ・複数マウントを持つという事:

« ・昭和記念公園のチューリップが見頃です | トップページ | ・トーンカーブのいじり方 »