2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・日没後の空の色の移り変わり | トップページ | ・白飛びは何故救えないの? »

2015年5月 6日 (水)

・ゴーストが出るレンズが与える画質劣化

ゴーストとはレンズ内などで不必要な光の反射によって
現れる光の玉のようなものです。
Resize126057
詳しくはこちらの記事

ゴーストの原因はレンズのコーティングの性能や
レンズ設計など色々あります。
画像内に強い光源が入らない限り
あまり影響はないようにも感じますが、
一般的な被写体においても画質への影響があります。

上に載せた写真では画像の中心対称にゴーストが発生しています
Photo_2
このようなゴーストの発生での画質への影響を簡単に考えてみます。

簡単のために、下の図のようなチャートを撮影した時を考えます。
2
このチャート撮影だと、画像の中心対称に
白と黒になっています。
3
強い光源でなくても、
画像中心対称で多少のゴーストが発生していることを考えると
下の図のように、黒い部分がゴーストの影響で
若干輝度が上がります。
4

つまりこれは画像のコントラストが下がっていることを意味します。
撮影した画像のコントラストは
レンズ性能評価の数値化「MTF」に現れます。

レンズ設計自体や製造品質も当然ですが
レンズコーティング技術もレンズ像性能に影響を与えます。

« ・日没後の空の色の移り変わり | トップページ | ・白飛びは何故救えないの? »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/59894396

この記事へのトラックバック一覧です: ・ゴーストが出るレンズが与える画質劣化:

« ・日没後の空の色の移り変わり | トップページ | ・白飛びは何故救えないの? »