2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・K-3IIのリアルレゾリューションシステム | トップページ | ・リアル・レゾリューション・システム比較撮影 »

2015年5月23日 (土)

・フォビオンや積層センサではモアレが出ない?

モアレとは空間周波数が
撮像素子のナイキスト周波数以上になると発生する模様です。
モアレについて

モアレの直観的理解

デジカメの撮像素子のほとんどは
光の三原色であるRGBの画素がベイヤ配列と呼ばれる
周期性の高い並びをしています。
そのため、被写体に周期性の高いものがあると、
その部分に画素補間によって色づきが生じることがあります。
主に、建物のタイルなどの場所に生じます。
Resize126129
拡大画像
Off

このシーンを画素補間を行わない、
ペンタックスK-3IIのリアル・レゾリューションで撮影してみます。
On

見事にモアレが消えています。
やはりベイヤによる画素補間によって
モアレが生じていたことが分かります。

ただし、それは色の話。
白黒のストライプ模様など
輝度による周期性のあるパターンでは
現状の撮像素子では輝度モアレが発生します。

普通のベイヤー方式の撮影
Off2

リアレゾでの撮影
On2

本来存在しない縞模様が発生しています。
(画像左下付近の色モアレは消えています)

フォビオンだろうが、超解像だろうが
輝度モアレは防げません。

« ・K-3IIのリアルレゾリューションシステム | トップページ | ・リアル・レゾリューション・システム比較撮影 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/60109706

この記事へのトラックバック一覧です: ・フォビオンや積層センサではモアレが出ない?:

« ・K-3IIのリアルレゾリューションシステム | トップページ | ・リアル・レゾリューション・システム比較撮影 »