2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・デジカメ20週年イベント 2 | トップページ | ・何故RAWは邪道だというの? »

2015年6月10日 (水)

・撮像素子の動作モード

デジカメの撮像素子(CCDやCMOS)にも
いくつかの動作モードがあります。
パソコンで言う、スリープ状態とか、オーバークロック状態とか。

主に、写真撮影時に使う
全画素読み出し、
動画撮影時に使う読み出し、
省電力読み出し、
などなどです。

全画素読み出しは1200万画素のセンサなら
1200万の全ての画素(厳密にはもう少し多い)を読み出します。

動画の場合や省電力の場合は
全画素を読み出さないことが多いです。
どうするのかというと、
1/4のサイズや1/16のサイズの縮小で読み出したりします。

このセンサ内での縮小の方法に2種類があるのでそれを説明します。

1、画素加算
2、画素間引き

仮に、下の様な横16画素、縦8画素の
全128画素の撮像素子を考えてみます。
簡単のためにベイヤー配列は無いものとします。

Yomidashi_1

1、画素加算
例えば垂直2画素加算だと
下の図の赤枠のように、
二つの画素をひとつとして加算平均で
小さな画像を出力します。
この方式だとノイズが平均化されるので
画質が良くなります。
Yomidashi_2

2、画素間引き
例えば垂直1/2間引きだと
下の図のように、1列おきで
画像を出力します。
ニアレストネイバー法での縮小と同じ感じなので
ジャギーが目立つようになり、
画質劣化となります。

Yomidashi_3

ユーザからしてみると画素加算のほうが
メリットが大きいのですが、
センサとしてどうにもそうはいかない場合もあるみたいです。

« ・デジカメ20週年イベント 2 | トップページ | ・何故RAWは邪道だというの? »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/60329577

この記事へのトラックバック一覧です: ・撮像素子の動作モード:

« ・デジカメ20週年イベント 2 | トップページ | ・何故RAWは邪道だというの? »