2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 石垣、川平湾の猫 | トップページ | ・Lブラケットが便利 »

2015年6月28日 (日)

・昼間の長秒撮影時の注意点

以前に日中長秒露光の記事を書きました。
動いている人を消したり出来ます。

露出系数が大きいNDフィルタを使って撮影しますが、
注意点を前回書き忘れました。

一眼レフの場合、カメラの中に光が入ってくる箇所は
レンズからだけではありません。
覗くファインダーからも入ってきます。

ファインダーからの逆入射光に注意です。
普段はファインダーを目で覗くために塞がれて、
ほとんど光が入ってきません。

しかし、日中の長秒露光撮影では
ファインダーからの逆入射光が影響する場合があります。
下の写真は全体的に赤被りをして、
下側に光の帯が発生しています。
Resize126245_2

カメラの故障か?
と思うような写真ですが、
これが逆入射光の影響です。

防ぐためにはアイピースシャッターを使ったり、
指で塞ぐなどの対応が必要です。
ミラーレスでは構造的に光は入ってきません。

« 石垣、川平湾の猫 | トップページ | ・Lブラケットが便利 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・昼間の長秒撮影時の注意点:

« 石垣、川平湾の猫 | トップページ | ・Lブラケットが便利 »