2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・撮像素子の動作モード | トップページ | ・鎌倉にあじさいを撮りに行きました。 »

2015年6月12日 (金)

・何故RAWは邪道だというの?

カメラをやっている人の中に
かたくなにRAW現像を拒否する人がいます。

RAW現像は面倒くさい、
撮影時に全て設定を的確にする能力がほしい、
といった理由ならば納得です。

しかし、RAW現像はデジタル処理しているからダメ、
加工しているからダメ、という理由は謎です。

カメラから画像として出力されているJPEGは
加工されていないというのか?
否、加工されています。

例えば、オートホワイトバランスで撮影した夕日は
カメラ内部で「夕日判断」が行われていて
夕陽の色が綺麗に出るようなホワイトバランスにされます。
Resize126229

シーンモードで夜景を撮った時には、
カメラ内部で夜景用の画像処理(加工)がされています。
これは、カメラ開発者が
「夜景はこういう加工をした方が綺麗だろう」
というのをいろいろ考えて調整したパラメータで
JPEGにしています。
何も考えないでやると、18%グレーの考えで
やたらと明るい夜景になってしまいます。
Resize126228

カメラメーカーが考えてRAWから加工したJPEGと
自分で判断してRAWから加工したJPEG、
いったい何が違うというのか。

« ・撮像素子の動作モード | トップページ | ・鎌倉にあじさいを撮りに行きました。 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/60357529

この記事へのトラックバック一覧です: ・何故RAWは邪道だというの?:

« ・撮像素子の動作モード | トップページ | ・鎌倉にあじさいを撮りに行きました。 »