2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・色温度変換フィルタがディスコンになります | トップページ | ・過焦点距離とは »

2015年7月29日 (水)

・回折ボケとフォーマットサイズと被写界深度

回折とは光がスリットなど狭い所を通ると
広がる現象のことです。

8

カメラで言うと、絞りを絞るほど

回折が大きく発生してセンサに映し出される像が
ぼやけてしまいます。
これが回折ボケです。

この回折ボケはセンサーの画素ピッチ(画素の大きさ)
に依存します。
6
7
上の図で、画素ピッチが3.3μmだと回折の影響を受けます。
しかし、6.47μmだと回折の影響を受けません。

画素ピッチが3.3μmは
おおよそ、マイクロフォーサーズで2000万画素、
画素ピッチが6.4μmは
おおよそ、フルサイズで2000万画素です。


同じ画素数ならばフォーマットサイズが大きいほうが
回折の影響を心配せずに絞りこむことができます。

しかし、フォーマットサイズによって
被写界深度が変わることを考慮する必要はあります。

マイクロフォーサーズの方がセンサが小さいので
背景がボケにくいです(被写界深度が深い)。
フルサイズで同等の被写界深度を得ようとすると
さらに絞る必要があります。
すると当然回折の影響も出てきます。

どのフォーマットサイズが最適か、については
正解がないので被写体に合わせて選択するのがベストです。

« ・色温度変換フィルタがディスコンになります | トップページ | ・過焦点距離とは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/60945128

この記事へのトラックバック一覧です: ・回折ボケとフォーマットサイズと被写界深度:

« ・色温度変換フィルタがディスコンになります | トップページ | ・過焦点距離とは »